We are OHTSUCHI! We are Strong! – なんトラ192

192

6月の22日から24日まで岩手の大槌町に行ってきました。3ON3の桜木杯が行われるからでした。
昨年の暮れ、12月19日に代々木第2体育館で行われた“バスケの日”のイベントに矢野アキ子さん、河谷秀行さん、三浦克彦さんの3人がはるばる来てくれて観戦してくれたことからが始まりでした。
そのときにお聞きしたのは「花道プロジェクトというものを立ち上げて、バスケを主体として大槌の町を元気にしたいのです」と言うことでした。頂いた名刺の裏には、

我々花道プロジェクトは
大槌町にある桜木町に
桜を植樹し、花道を作っています。

この「桜木の花道」をシンボルとして
バスケで町の活性化を計り、

大会の開催をはじめ、子供から大人まで
もっとバスケを楽しめるように
アウトコート建設も計画しています。

と宣言しています。
大槌町が大震災時の津波で甚大な被害を受け、多くの方々が亡くなられたことは知っていました。ボクも被災地に対して何かお手伝いできることはないかとず~っと考えておりました。でも、押し付けがましいことは嫌でしたし、ボクらしいお手伝いができることはないかと探していたのです。
お話を聞いたときピ~ンときました。これならば、バスケでならば、何とかどんなことでもお手伝いできるかもしれないな…と。
そこで1月に能代に行った帰りに大雪の大槌を訪ねました。そこで現地のメンバーとお話して更にいろいろな状況が見えてきました。丸2年立つのに今まで町のあったところはまだ更地のまま。だんだんボランティアの人たちも少なくなり、復興の作業をする人たちも減っていき、経済の活性は落ちるばかり、というのです。
「一般の生活をする人たちにとってどうなるのが一番良いのですか?」と単刀直入に聞きました。すると、「大槌に来ていただいて現状を見てもらい、泊まって、食事や呑んでいただいて、お土産を買っていってもらうというのが一番効きます」という答えが帰ってきました。
「うん、それならばボクにもお手伝いできるかも」と思いました。
さぁ、それから皆に声をかけ始めました。5月の連休にはプロジェクトのメンバーが能代カップの観戦に訪れたことで交流が生まれ桜木杯に市役所チームと石井ファミリーの2チームが参加を見て10人。岡田優介会計塾の同期生も10人ほど、その他にもバスケットボール振興会の理事の方、HOOPHYSTERIAのメンバーの方など約40人近い人数が集まりました。それぞれ電車で、車で、レンタカーで参集したのです。
ボクには4つの思いがありました。

1.なるべく多くの人に大槌を見てもらいたい。
2.バスケ好きはどこにもいる、ということを体感してもらいたい。
3.大会にも参加、出場してもらいたい。
4.そして大槌でお金を落としていってもらいたい。

と。その思いは後で皆さんからメールを貰ったり、直接お話を聞いたりした所によると来て良かったという声が多かったので通じたようで一安心です。
ある人は「震災の爪あとを目の当たりにして、何か自分にもっと出来ることはないのか?というきっかけになりました。花道プロジェクトを引っ張っていらっしゃる矢野さんは広島から来ていると聞いて驚きましたが、気持ちと行動でいろいろな支援が出来るのだ、と非常に感銘いたしました。今回だけで終わりにせず、自分なりに出来る支援を続けて生きたいと思います」。
国会議員でも復興担当で経費で被災地に来ているかたと、自費で勉強のため現状を見に来ている方では、かなりの温度差があるといいます。良き化学反応が出てきた用で嬉しく思っています。
復興には時間がかかると思います。ボクも腰を落ち着けてしっかり根性を入れて、応援をしていきたいと思っています。読者の皆さんも出来たら来年行ってください。大槌に。

それでは次号の“なんトラ”まで、ごきげんよう。


忘れないとやってられないかな?。 – なんトラ191

今月はいろいろなものが重なって何となくせわしない月です。

自分で見ておかなければいけないと思っている“ArtxBaseball展Ⅱ”(6/2~15)というイラストレイターたちのグループ展が神田・神保町の文房堂ギャラリーで行われます。HOOPや月刊バスケットでもイラストを描いていた岡田航也さんが出品しているので、前回行かれなかったので絶対にと…。

また、バスケ好きクリエイターが集合しての“BaskeTシャツ展”が6/7~14まで表参道のcoast2coastというカフェで行われます。参加クリエイターは多彩。墨絵アーティストの茂本ヒデキチさん、イラストレイターの鈴木千絵さん、バスケ漫画ライターの杣友智也さん、イラストレイターの西尾瑞穂さん、同じくハヤシ比呂志さん、デザイナーのDEMOさん、プロバスケットボーラーのGymrats岡田卓也さん、バスケブランドPLAYERSさん、バスケショップRYZMさん、バスケ一筋30年SPORTSMANSHIPさん、イラストレイターのtatenoayakoさん、プロバスケットボーラーのWatch&C青木康平さん、グラフィックデザイナーのWiTCHさんたち。ボクも参考出品ということで恥ずかしながら出品いたします(僕のは買えません、はい)。ようやくやったか、というので記念出品というところです。

191

そして6/23は岩手県大槌町で行われる3ON3バスケ、桜木杯が行われるので行きます。今年1月の末に雪の中を大槌に行ってきましたがまだ、全然復興が進んでいません。現在、復興税などというのもわれわれは徴収されていますが、何故取られているのかというのを分かっていない人が多いと思われますので、実感してもらうため周りを巻き込みました。現地の方々と話すと「現実を見てもらって、泊まってもらって、食事して、お土産を買って帰ってくれるのが一番の応援です」と言います。ので、東京から約20人、能代からは約10人が大会に参戦します。ボクは大会の賞品を持っていくのと、お手伝い、お土産の海産物を買うのがミッションです。
東京から行く人たちも何か被災した方々のためにしたいと思いつつも、何もできていないけれど、バスケ関連ならば違和感なく手伝えるし、お土産を買うことで貢献できるのならば行こうと集まってくれました。
日本という国を襲った災禍は数知れません。関東大震災が90年前ですが、多くの事柄が人々の記憶にどれほど留まっているのでしょうか。日本列島に暮らすうちに身につけた、心の安全弁でもある忘却という精神作用は、間違いなく距離と時間の影響を受けています。東京から見れば阪神淡路と東日本ではその衝撃が違うように、阪神以西の人々にとって、東日本の災害はより遠い。そして日々時の彼方に流れてゆきます。
我々は過去を流し去り忘れることの早い民族なのかもしれません。ある意味では立ち直りが早いのですが、そうでもしないと生きて来れなかったのかもしれません。
振り返ってみますと…。

 02年前の2011年/東日本大震災 死者行方不明者19,000人余。
 09年前の2004年/新潟中越地震  死者68人。
 18年前の1995年/阪神淡路大震災  6,437人。
 20年前の1993年/北海道南西沖地震  230人。
 30年前の1983年/日本海中部地震  104人。
 45年前の1968年/十勝沖地震  52人。
 49年前の1964年/新潟地震  26人。
 53年前の1960年/チリ地震津波  142人。
 65年前の1948年/福井地震  3,700人余。
 67年前の1946年/南海地震  1,400人余。
 68年前の1945年/広島長崎の原爆  430,000人余。
 68年前の1945年/東京大空襲(3月10日)  100,000人余。
 68年前の1945年/三河地震  2,300人余。
 69年前の1944年/東南海地震  1,200人余。
 80年前の1933年/昭和三陸地震  3,000人余。
 90年前の1923年/関東大震災 105,000人余。被災者190万人。

約1世紀の間にこれだけの災厄に見舞われています。凄いですね。
忘れなければやっていられないけれど、忘れてはいけないことの確認をしに行く6月です。
それでは次号の“なんトラ”まで、ごきげんよう。


3ON3、3X3どっちでもいい。みんなが楽しめればね。 – なんトラ 190

 バスケットの先進国・アメリカはいつ行っても大きな刺激をあたえてくれます。もちろん取材の主目的はオールスターだの、プレイオフだのとありますが、全米どこに行ってもそこの土地の空気を吸っているだけで、また日常の行動をしているだけで、いろいろとバスケットボールを感じさせてくれ、さまざまなアイディアを提供してくれます。
 そんな生活の中にある一断片を雑誌の編集に生かして行くのですが、日本には絶対出てこない、つまり生まれてこないタイプのものがあることを時々感じることがあります。分かりにくいかもしれませんが、そこらが国民性の違いかもしれません。そんなもののひとつが私にとって3ON3 バスケットボールでした。見る、応援する文化に対してする文化が3ON3でしょう。
 日常の生活に使用する道路や駐車場を使って半面のコートをつくり、そこで3対3のバスケットのプレイを展開するのですが、レフリーは一応いるものの、ファウルは自己申告。先に21点をとった方が勝利するというものでした。これでさえも、全米どこにでも見られるプレイグラウンドでの遊びのバスケットボールが進化したものでした。
 アメリカの中西部のミシガン、イリノイ、オハイオ、インディアナ辺りで自然発生的に生まれたグラス・ルーツ(草の根)イベントなのです。ごく手軽に楽しめるというバスケットの遊びですが、なかでもNO.1の規模を持つHOOP-IT-UPという大会を取材に行った時の驚きは新鮮でした。土、日曜日のダウンタウンのストリートに何百という簡易ボードを立てて、老若男女、千人以上の人がプレイしているのです。正に、国民総バスケットボールという感じ。感激しました。
 その時、素朴な疑問として出てきたのが、ごく簡単にチョークでラインを引いてあったり、道路には傾斜があることでした。大会のディレクターに聞きました。
 「チョークのラインやこんな傾斜は選手から文句は出ないのですか?」という質問をしたら、不思議そうな顔をして、「対戦する両チームは一応ラインを確認するだろうし、消えたらまたラインを引きなおせばいい。斜めでも1回1回ボールの所持が変わって、オフェンス、ディフェンスともにやることになるからどちらかのチームに優位に働くことはないしイーブン(公平)でしょ。だからぜんぜん問題はないよ」という答えが返って来ました。
 確かにその通り。ここらあたりの大らかさが、教育の一環からバスケットボールが発展して来た日本には、ない形でした。もちろん出場チームには勝つことを第一の目標にするチームもありますが、大半はバスケットボールという遊びで身体を動かし日常生活のストレスの発散や交歓を目的としているようで和気藹々としたものでした。
 冒頭にも書きましたがアメリカのバスケットボールの世界には本当によい仕組みがあります。そんな仕組みが何故日本にはないのかが許せなかった私は研究してみようと、現江戸川大教授の北原さんが第一勧銀のコーチをしている時にチームの皆さんにルールを説明してやってもらったのが始まりでした。そしてすぐ後スポーツマンシップ提供のHOOP-IT-UPが日本でスタートしたのです。1990年代の初頭でした。
 それから約四半世紀、FIBAが音頭をとって3ON3ならぬ3X3(スリー・バイ・スリー)の世界大会が始まりました。結果は報道記事に委ねるとしても世界中のバスケ好きが喜んでくれればこの上ないことです。発展を祈ります。

さて、ここでひとつお知らせです。
 EU Film Days 2013という催しが5月31日から東京・イタリア文化会館で始まります。日本とEUの市民交流の活性化を映画で図るのを目的としたものですが、この中にバルト3国のラトビアから“ドリームチーム1935”(2012)という映画が上映されます。アメリカ発でのバスケ映画は珍しくありませんが、さらにバルト3国といってもリトアニアではなくラトビアです。
内容は1935年、ジュネーヴでの第1回ヨーロッパ選手権でバスケット自体をあまり知らないラトビアが、さまざまな困難を乗り越えて優勝し、期待されていなかった小国が世界を驚かせるまでの道のりを描いた物語です(120分)。
まず、これまでラトビアの映画を日本人が見ることはなかったでしょう。入ってこなかったからですが、良い機会です。ぜひ、バスケを通じてラトビアを研究しましょう。
上映日時:6月10日(月)19:00~、15日(土)17:00~ 東京・イタリア文化会館
     6月30日(日)14:00~ 岡山・美術館ホール
     7月 6日(土)10:00~ 佐賀・エスプラッソホール
金  額 500円

 それでは次号の“なんトラ”までごきげんよう。


なんトラ189

 NCAA選手権が終わりました。
 3月から4月にかけてはNBAのフランチャイズを訪ねる旅をしていたので、NBAのゲームを生で見つつも、目の前のモニターテレビのチャンネルはいつもNCAA選手権にあわせてしっかり見ていました。
 これはわれわれだけがやっているのかと思ったら、まわりのアメリカ人記者も同じことをしていて、凄いきわどいプレイの場面では目の前のフロアのゲームはお構いなしに「ウォ~!」と喚声をあげていました。あるときなど記者席のすぐ後ろが一般の客席でしたが、そこの観客もわれわれのモニターを盗み見ており、Good Playの時など思わずハイファイブをしてしまったことを思い出します。
 この時期、NBAはまだ余裕のレギュラーシーズンですが、NCAAはトーナメントですから1戦、1戦で勝負がついてしまうので毎日チェックしていました。そこで一緒に行っていたジョージ・リベイロが「このNBAツアーは“マーチマッドネス・ツアー”だね」ということで名前がついてしまったという経緯があります。

 さて、今シーズンの優勝はルイヴィル大カーディナルス。控えガードのケヴィン・ウエアが準々決勝で足の骨が15cmも出てしまうような複雑骨折、そしてファイナルでは控えのルーク・ハンコックが22点をあげてMOP(最優秀選手賞)を取るなど、控えの選手が話題をさらったシリーズでした。それだけ選手層が厚かったということで、コーチの手腕が光ったといえるでしょう。
前回の優勝が1986年ですから27年ぶり3度目になります。コーチ、リック・ピティーノは1996年、98年にも同じ州のUKことケンタッキー大ワイルドキャッツで勝っていますから、彼自身も3度目の優勝となります。異なるチームでの選手権優勝はNCAA史上初めてという快挙です。
 ルイヴィルの最初の優勝は1980年。前年がマジック・ジョンソンのミシガンステイトとラリー・バードのインデァナステイトの決勝だったのですから随分と昔ですが、ロドニー・マックレー、デレック・スミス、ドクター・ダンケンシュタインというニックネームを付けられたダーレル・グリフィスを率いてデニー・クラムHCが爆発力のあるチームを作りました。この3人、NBAでもそこそこ活躍しています。
 2度目の86年はパーヴィス・エリソンをエースにビリー・トンプソン、ミルト・ワグナーが中心にあれよあれよという内に優勝してしまいました。決勝の対デュークだけが競った試合でした。組み合わせに恵まれました。

 一方、サウスの4位から勝ち上がって来たミシガン大ウルヴァリンズは24年ぶり2度目の全米チャンプを狙いましたが涙を呑みました。NBAのスーパースターを父に持つティム・ハーダウェイJr.(3年)とグレン・ロビンソンⅢ(1年)、スマートなムーヴのトレイ・バーク(2年)を擁しましたが今一歩届きませんでした。
 トレイ・バークはクリス・ポールの再来といわれる逸材PGで6月のドラフトでは目玉となる存在といわれています。要チェックです。
 24年前というと89年、私がはじめてNCAA選手権のファイナルフォーの取材に行ったシアトルでした。決勝はミシガンとシートンホール。グレン・ライスとジョン・モートンの壮絶な入れ合いが記憶に残っています。しかし、ライスに加えてテリー・ミルズ、ルミール・ロビンソン、ロイ・ボウトという後のNBAで活躍したプレイヤーの総合力の前にはパイレーツも轟沈したのです。
 ミシガン大といえば“ファブ・ファイブ”という印象を持っている方も多いと思います。全員フレッシュマン(1年生)で92年のNCAAの決勝まで行き、93年も同じメンバー行ったのですからインパクトは強烈でした。だから前回優勝というと彼らが…、でも優勝してないんですね。
ここでおさらいです。“ファブ・ファイブ”の5人をしっかり書いておきたいと思います。時々確認しないと忘れてしまうのです。NCAA好きな仲間とも5人覚えていて言えるかどうかで結構話題になるので、ぜひ覚えてください。クリス・ウェバー、ジュワン・ハワードここまではお約束。ジェイレン・ローズここらまではね。そしてジミー・キング最後のひとりが出てこないんです。そう、レイ・ジャクソンですね。
覚えていたからって何か貰えるわけではないけれど、脳の訓練にはいいかもしれません。
NCAA選手権の報道的なものはオタクライターの青木崇君が書くと思うので雑学的なものばかり書いてみました。
最後にお知らせです。大槌の3ON3の大会日程が決まりました。6月23日(日曜日)です。詳細は他のページにお任せです。
それでは次号の“なんトラ”まで御機嫌よう。


スタートは遅かったけれど、しつこく応援したい。 – なんトラ188

 周りから見るとボクは何でもドンドン積極的に行くタイプに見えるようです。
「生き方がアグレッシブだ」とか「バイタリティーがある」などとよく言われるのです。でも、自分なりに行動を分析してみるとかなり慎重なんだろうなぁ、と思うのです。始めてやるものなんてまったく上手くいかないし、なんてセンスがないんだろうと落ち込むこともいつもです。だから始めると、少しずつ少しずつやっていくことしかできないのです。そんな人間が偉そうに「何でも楽しくトライしましょう」なんて言っているのですから人生いい加減なものです。いや、良い加減なのかもしれません。
トライすることに対しては更に考えてみると①自分の気に入ったもの、②ある程度出来るもの、③好きなもの、④面白そうなものなどに収斂しているようです。しかし長い年を生きてくるとそのトライすることの種類や、方向がかなり広くなって来ていますから、前記したような見方をまわりではするのだと思います。
自分で出来ることと出来ないこと、またはやってはいけないだろうなぁ、などということをまず考え、そこから出発し徐々に楽しい所を見つけていくのです。

さて、ここから今月の主題です。この原稿を書いているのが3月11日の昼過ぎです。ちょうど2年前の2時46分に東日本大震災の強烈な揺れが襲った時にはボクは外出していました。自転車で隣の駅近くに行っていたのですが、何かフラフラするなぁと思っていたら、電信柱は左右に揺れるは、電線はまるで縄跳びの縄のようにぐるんぐるんと回っていたのを思い出します。
そして皆さんがご存知のような悲惨な状態になってしまったのです。地震だけの被害もさることながら2次、3次の被害の方が大きかったのではと思います。報道に接するたびに何か行動を起こさねばと思ってはいてもすぐさま出来る状態ではなかった自分が居ました。取るものもとりあえずすっ飛んで行くほどボクは若くもありません。その内復興復興と言う文字が新聞にも目立ちはじめたもののそれもなかなか進展していません。
何が出来るのだろうとズ~っと考えておりました。
そんな時、昨年の12月下旬、代々木第二体育館での“バスケの日”のイベントに岩手県の大槌町から「バスケで町の元気を取り戻そう」と言う3人が参加してくれました。その返礼に1月に大槌に行って来ました。行ってみてボクでも出来ることが見つかりました。
6月下旬に3ON3の大会を開催するといいます。気の会う仲間を誘ってお手伝いしに行くことくらいは出来そうです。宿泊してお土産を買って、少しは貢献できるかな、と考えました。本当に素晴らしい水産物があるのです。
時間のかかる復興でしょうがしつこく応援しようと思っています。皆さんも是非行ってください。日程が本決まりになり次第お知らせ致します。
それでは次号の“なんトラ”まで御機嫌よう。