アナログおじさんのPC奮闘記 – なんトラ143

 ツイッター(TWITTER)なるものを下の息子の勧めでやり始めております。
 皆さんのつぶやきを見ていると、かなり意識して書くという感じでやられている方と、まったくその時に思うがままに、吐いた言葉を連ねているタイプがあります。どちらもそれぞれ人柄がにじみ出ていて、なかなか味わい深いものであります。

 でも、たとえば雑誌に書く原稿、HPに書く原稿、ブログに書く原稿というものはそれなりにボリュームがありますし、推敲に推敲を重ねますのでかなりの力を込めないと完成いたしません。そこへ行くとツイッターは僅か140字で完結しますから気持ち的には非常に気が楽といえますし、書きやすいし、感情をぶつけ易いという利点があります。
 
そして、ハンドルネームと言いますか、ツイッターネームで書かれていて分からない方も多いのですが、堂々と自らの名前や、写真を公表しておられる方も多いので、何をつぶやくのかを期待して必ずそれを読むための“フォロー”するという方法もある訳です。
 ですから著名人の方をフォローすると必ずつぶやいたことは送られてきますから、どんな考え方をしているかがわかるということです。著名人は自分の考えをそこに書くということで、皆にそれを知ってもらえるという効果が出るので、影響力のある方法だと思います。政治家が選挙の時に多用して票集めの効果が上がったということを耳にしたこともあります。

 ITの時代に突入していろいろな意見の発表の場が出てきました。ホームページ、そしてブログ、仲間に自分の日記を公開するmixiなど次から次へと新手のツールが出てくるので対応が大変です。ボクは積極的にそれらを取り入れる方ではありませんが、大体回りにいるhysteriaの若者に教えてもらって取り入れます。
 年代的にはPCが出てきて仕事の中に取り入れられてきても、若者にまかせっきりで「これやっておいて!」ですんでしまったものですから、フリーランスになってからかなり苦労しました。
原稿ひとつとっても万年筆で原稿用紙に書いたほうが早いなどと言って、しばらくの間パソコンで原稿を打つことをしませんでしたので、おそらく月刊バスケのライター陣の中でも原稿をメールで送るのは最後の方ではなかったかと思います。
 担当編集者には本当に多大なる迷惑をおかけしておりましたなぁ。

 相変わらずわからないことだらけで日夜パソコンと格闘していますが、考えてみると節目節目では我が家にステイしていたドイツ、オランダ、台湾のせがれどもが常にアナログなボクに細かい説明をしてくれて、使えるようにしてくれていましたし、めちゃくちゃに使っていたものを時々日本に帰ってくると全部綺麗に整理してくれて、そして最新のものをダウンロードしていってくれます。現在、ドイツ・マイクとオランダ・レムコはその世界のトップをひた走るアメリカのgoogleのプログラマーですし、台湾・マイクは母国の精華大学(日本で言えば東京工業大に当たるらしい)の研究者をしていますから、師匠には恵まれているようです。

 駄目な、出来の悪い弟子には神様が良い先生を付けてくださるようです。
 これまでの日本の教育は歳上の人が若き人を教えるという図式で成り立っていました。しかし、IT関連の物はすべてといってよいほど若き人に教えられるという逆転現象です。PCしかり、携帯しかり…。「老いては子に従い」ということなのでしょう。まだまだしばらくは奮闘を続けることになりそうです。若き先輩よろしくお願いいたします。

 それでは次回の“なんトラ”まで、ごきげんよう!


「お汁粉に酔った、ハヤブサの哲」 – なんトラ142

 8月29日に小説作家の三浦哲郎さんが亡くなられました。
 文学誌の編集をしていた訳ではありませんが、編集者としては三浦さんのご高名はかねがねお聞きしてはいました。60年代の中盤に放送されたNHK朝の連続テレビ小説の“繭子ひとり”の原作者であることくらいしか知りませんでした。
 しかし、月刊バスケの創刊の当初大変にお世話になった日本バスケットボール協会の広報委員長の内海淳さんから「シマちゃん、こんな面白いエッセイがあるから読んでみて」と渡されたのが三浦哲郎さんの“笹船日記”と言う短編エッセイ集でした。

 エッセイは十何編書かれておりましたが、中でもひとつだけバスケットボールに関することに触れたものがあったのです。それは「お汁粉に酔う」と言うタイトルでした。それを内海さんが伝えたかったのでしょうね。
 なかなか洒脱な筆致で三浦さんの八戸高校籠球部時代のエピソードが書かれておりました。バスケットボールの周辺のことを書いておられるのですが、芥川賞作家が書くとここまでなるのか? という素晴らしく読ませてくれるものでした。その時に思ったことはいつか、どこかの機会で月刊バスケの中に書いてもらいたいものだ、ということでした。

 それから数年、ついにその時がやってきました。1978年、大津インターハイの臨時増刊号を初めて発行することになったのです。通常であればクラスマガジンと言われるスポーツ専門誌である我が月刊バスケ如きが原稿をお願いできるような方ではありません。でも、ボクには確信がありました。大作家でも、自分が若き頃夢中になってやっていたスポーツのことであれば絶対にイヤとは言わないだろうと。
 しかし、連絡先ひとつ分かっていません。
そこで文芸春秋にお勤めであり“文学界”の編集長を務めたこともある母校のN先輩に不躾ながらいきなり連絡先をお聞きしたのです。そうしたところN先輩は「へぇ~、万年筆より重い物は持ったこともないような三浦さんがバスケットやっていたなんて嘘みたいだなぁ」などと面白がってくださったので、ついでに「原稿料はどの位お払いしたら良いのでしょう? 我が編集部とはまるでランクの違う方なので見当がつかないのでご教授ください」と言ったところ「君のところが払える額で問題ないよ、なにしろ自分の大好きなことを書くんだから、文句は言わないさ」と言うレクチャーをしてくださいました。
 お願いの電話をする時にはやはり、かなり緊張しました。でも、首尾よく快諾してくだされました。そして、原稿を取りに伺ったときにご尊顔を拝することが出来たのです。

 タイトルは「はやぶさの哲」。
 高校時代のニックネームで、お会いした時に少しだけお話した時に「僕は今は太ってまん丸だけど、昔はスラッとしていてチームで一番速かったんだ、だから付いたんだ」とちょっと得意げなお顔をされたのを思い出します。

 昭和22年、第二次世界大戦終戦直後で“高校総体”はなく、“国民体育大会”が高校生の唯一の大会でした。場所は石川県金沢市。そして正確に言えばまだ、高校ではなく中等大会でした。当時は食糧事情も酷かったためお米を持って遠征したのだそうです。そういえばボクも林間学校へはお米持参でしたね。
 そして八戸中学はすぐに負けるだろうということでお米は僅かしか持たずに行ったそうです。でも、コーチは選手を頑張らせるために試合前日、宿の近くにある甘味処(お汁粉屋さん)でお汁粉をご馳走したそうです。戦争中は甘い物など贅沢品でしたから食べられませんでしたから、本当に美味しかったと三浦さんは書いております。皆が食べ終わって幸せそうな顔をしていたら、「明日勝ったら、また食べさせてやる」と言ったそうです。
 そうしたらあれよあれよと勝ち進み、準決勝まで勝ち進んでしまったのです。予定外の勝利ですから宿代もなくなり、引率の先生は学校に「カッタ、カネオクレタノム」と言う電報を毎日打っていたそうです。
残念ながら優勝した札幌一中に負け決勝には進めず、3位だったのですが4日間毎日お汁粉だったので、さすがに負けた時はほっとした。
というようなほのぼのとした原稿でした。なんとなくタイトルが理解できる情景です。60数年前も今も、同じような光景は見られることでしょう。物の多少こそあれ、です。
三浦大先輩に“合掌”です。

それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。


何故かここの所シューズの購入が続いているな? – なんトラ141

 先日、と言っても2か月くらい前になるけれど、軽井沢のアウトレットに偶然行ったときのことです(そう、そのとき星野温泉の“ハルニレテラス”で雄彦センセにお会いしましたっけ)。
ナイキのお店を見ていたら非常にボク好みの、軽い山ならばこれでOKといえそうなトレッキングシューズ、いやトレッキングスニーカーを見つけてしまったのであります。廉かったし、ちょうど気軽に履くシューズが切れていたのも手伝って、衝動買いしてしまいました。カロライナ・ブルーの濃淡でカラーリングされており非常に軽い。普段履きにもよさそうで…。大いに気に入り、その後何だか毎日履いておりますな。(4.800円也)

そして、1か月ほど前のこと。以前から相談を持ちかけられていた若き友人が、趣味で(?)中国のバッシューを輸入してしまったというのを聞いて見せてもらった所、メーカーはPEAK(ピーク)。シューズの名前はジェイソン・キッドⅡ。こちらも、ブルーのグラデーションにホワイトがベースであり、ローテクなフォルムがまたしても気に入ってしまったのです。
マジックの後のPG(ポイントガード)の系譜はボクのなかではキッドになっておりましたので、彼のモデルとなれば欲しい。そして売れ筋ではなくても一生懸命にユーロバスケのジャージを輸入してネット・ショップで販売してみたりする、マニアックな姿勢が気に入っている若者だったので、応援購入してしまった訳であります。
このシューズのデビューは8月22日の狛江でのファイブスター・キャンプにしようと思っております。(10.200円也)これも、なんだか毎日履き馴らすために足を通していますが、29日の一宮キャンプにもこれで行こうと決めております。

 さらに、丹沢の大山でシューズのソールの劣化で山系のシューズがなくなってしまったこともあって、師匠・高柳兄同伴で神田駿河台下近辺を山靴探索におもむいたのであります。駿河台下は20代中盤のころ主婦の友社にアルバイトしていた頃にうろついておりましたから、土地勘だけはありました。当時から山岳系、スキー系、スノボ系のお店が林立していました
 師匠の助言では、最初はいろいろな店を見回って買わず、アドバイスを聞いたりしてチェック、目を馴らすことに専念するのがよろしい。と聞いておりましたが、ICI登山館という看板を見たとたんここで買おう、と決めてしまいました。
なぜなら、高校時代にスキーで燕温泉スキー場に行こうとしていた時に豪雪で赤倉で足止めを喰らったときに、山小屋でたまたまご一緒したのがICIの社員だった横田さんと言う方。その後、彼のいた新大久保の本社によく遊びに行かせて貰いスキー用品を買わせて貰った思い出がフラッシュバックしてきたからなのです。
山歩きで大事なポイントは4点、シューズ、ザック、雨具、スパッツ(足首部分をカバーする用具)と言います。
で、今回はシューズをまず、と考えて説明を聞いているうちにやはり閃きました。店のスタッフに何足かの説明を聞き、試着というか試履きをしているうちにピーンと来たのがありました。これもブルー系の濃淡でカラーリングされているAKUと言うイタリア製メーカーの物で靴底はビブラムソール、全体はゴアテックス仕様なので軽く熱もこもらない上に、丈夫でありグリップ力の強さには定評がある製品です。タウンユースにもなるということなのでせいぜい慣らし履きをして、本番に備えようと考えています。(26.350円也)

だんだん値段が高くなってきていますが、一生懸命に履きこなしたいものです。そして師匠にいろいろな山に連れて行って貰うことに致します。これも“なんトラ”ですね。
最後の山用のシューズは自分への64歳の誕生祝い(8月生まれです)として強引に納得しようとしております。

それでは次回の“なんトラ”をお楽しみに。それまで、まだまだ暑そうですが、ごきげんよろしゅうお過ごしください。


ヒルの洗礼はあったけど、癖になりそうな…気がします。 – なんトラ140

 早いものでもう1か月もたってしまいましたが、6月30日の水曜日に登山(1251m)に行ってきました。
 登山と言っても近場。我が家が使っている小田急線の伊勢原(かなり小田原の傍)というところにある大山です。大山といえば江戸時代より阿夫利神社の参詣が有名で、途中までケーブルカーが通っていてすこぶる便利なロケーションです。ケーブルをおりて下社(しもしゃ・下の神社)まで参道が整備されていて両側にお土産屋さんがずらっと並んでいます。
また、この大山はお豆腐が有名なところで、以前行った時は下社参りの後に途中の茶店で、湯豆腐で一杯なんてしゃれ込んだこともありましたっけ。ですから登山などと言っていますが“なんちゃって登山”という感じと思っていました。

ですが今回案内をお願いしました山のお師匠さんは、槍だ穂高だというのもやっつけてしまう本格派の山男で、HOOPHYSTERIAのライターでもあり、スポニチの記者である高柳昌弥さんですから、前もってメールで装備のこともキチンと指示してくれましたのでまるっきり違いました。とは言っても「前に山らしきものに登ったのは何時だったろうか?」と考えましたが記憶に全然ないので、自分なりにウェアやザック、シューズなどを装填しておもむいたのです。学生時代には若さに任せてスニーカーなんかで行っていたのだろうと思います。
 山に慣れている高柳さんのいでたちとボクのいでたちにはかなりセンスの隔たりが見て取られ、自分としてはまったく見られたものではありませんでした。“なんちゃって”なんて考えていること事態に問題があります。かっこよくなどというのは望むべくもありませんがそれなりにというのは考えますものね。
 
 下社から歩き始めていろいろレクチャーを受けつつ、すべて次回から徐々に揃えようという考えに到りました。歩き始めて15分程たったら早くもハプニング。コンバースの軽登山靴のソールの接着剤が劣化してはがれ、右足がパカパカになってしまいました。…恥ずかしいの何の…。頭の中には一瞬「こりゃ駄目だ。もう帰ろう」なんて言われると思いましたものでございます。
 ところが師匠、ニコニコして「久し振りに登ろうなんていう時に良くあるんですよ」と普通は足首に巻くテーピングのテープで固定して下されました。そして「左足もなると思いますから、その時にはこのマジックテープのベルト(100均で講入だそうです)した物で固定しましょう。テープはもうないですから」。凄い危機管理(リスク・マネージメント)です。感動でした。
 ボクの歩き方、スピード、リズムなどを見つつ先導してくれたのですが、最初は3分登って1分休み。しばらくすると5分で1分。7分で1分と調整してくれました。歩いている時も「下ばかり見ないで先を見ましょう」とか「ストック(杖)は登りは2本で短め、下りは長めに山側の手に持ち1本で行きます」、「小刻みにステップを踏んで」などのレクチャーで登って行ったのです。
 通常の慣れた登山者であれば1時間45分ほどで着くルートを2時間10分で山頂に到着しました。それほど疲れは感じません、でも途中で何回か水分補給をしましたが、ここ20年位で最も水が美味しく感じられたのです。これが山に来た効果なのでしょう。さらにこの後、師匠は山の楽しさを味わう経験をさせてくれました。

 山頂での昼食です。伊勢原のコンビニでカップめんを買うように言われていたのでボクは一番小さな“緑のたぬき”を求めましたが、コッヘルという簡易コンロ(直径15cmくらいの小型の物)でお湯を沸かし食べ、珈琲も頂いたのです。温かいものは疲れた時には最高です。食後の珈琲も美味しかったなぁ~。
 そして下りです。登山者にとっての難関は下りだそうです。楽だと勘違いしてどんどんスピードを上げてしまい最後には膝が笑うという表現がぴったりの、疲れでカクンカクンになるというのです。気をつけてゆっくり歩んだつもりでしたが、ボクの足はゲラゲラ笑っておりました。下りは2時間半でした。合計4時間30分、良く歩きました。
 真夏、盛夏の今は変わっているでしょうが、今回の一番の誤算は“ヒル”でした。漢字では“蛭”とかきます。ナメクジの小さい感じの奴で普段は田んぼなどにいますが、梅雨時の丹沢山塊は大量発生するのだそうです。ボクも両足をやられました。なにしろ気持ち悪いんですな、これが。師匠の背中には何匹か這っておりましたね。

 そんな事故? もありましたが、気持ち悪いのの解消に、お隣の駅の鶴巻温泉の“弘法の湯”という市営の温泉場でひとっ風呂浴び、蕎麦をたぐって帰還いたしました。登った達成感、お水の美味しさと温泉に蕎麦。癖になりそうです。
 年内にもう一度いこうということになっております。
 さぁ、まずは最も大切なシューズを買いに行かなくちゃ。師匠一緒によろしくです。


インタヴューは選手を育てるのかな? – なんトラ139

 サッカーのワールドカップが終わりました。日本チームはベスト16まで進み、素晴らしく感動的なマッチを見せてくれました。
 それほど熱心にサッカーを見ていた訳ではありませんが、1998年のフランス大会以来、結構、要所要所ではウォッチしていますからその成長の度合いは感じられます。誰が見ても感じられたと思うのですが、今回のチームの勢いの源は若いプレイヤーだったということです。フォワードの本田、ディフェンスの長友、そしてゴールキーパーの川島の成長、躍進に負うところが多かったと思います。
 この若きプレイヤーたちの恐れを知らないトライの精神が岡田ジャパンを変化させ、ケミストリーを生んでいったとボクは思います。
 戦前、負け続けのチームは散々酷評され、良い芽はひとつもないような報道一辺倒だったことは皆さんもご存知のところでしょう。新聞、ラジオ、テレビというメディアはそんなものなのです。さんざっぱら悪い面を叩きまくり、良い結果(目標のベスト4ではありませんが…)が出ると、手のひら返しの報道です。それぞれどのような書き方、報道の仕方の違いがあっても一般大衆の注目を集め、それによってスポンサーを獲得できればよいという図式なのですね。
 でも、そんなひどいメディアもそのチームや団体が弱く、組織も脆弱な時には応援の姿勢を持ち合わせているものです。そしてチームや団体も強く勝ち始めると対応が横柄になってきてしまうのです。まあ、どっちもどっちというところなのですがね…。

 ボクはサッカーの専門ではありませんから偉そうなことは言えませんが、ベスト4に行けるかどうか分からないけれど、それを目標に行ったからなんとか16までたどり着いたのではと思います。率いる人間の言葉によってプレイヤーはイメージを作りますから、言葉以上の位置にはなかなか行けないものです。こんな時の表現としては“腹が一杯になってしまった”と言う感じです。自分たちの実力を考え、コーチが言う到達点から見ればこの辺だろうというところだと思います。

 ワールドカップに出場してまだ4回目。今回は大出来だと思います。これ以上を望むというのは先達に対して失礼というものです。全チーム予選リーグを突破した南米勢、そしてオランダ、ドイツ、スペインは素人目にもかなり上のサッカーをしていたように見えました。
 でも長友、川島がヨーロッパのチームと契約するなど、更なる経験を積める場にステップアップしました。このような一人一人の1歩1歩が日本代表を押し上げていくのでしょう。

インタヴューも機会あるごとに聞いていました。彼らの受け答えに興味があったからです。最初の頃はプレイヤーたち皆がまず「そうですね」から答えはじめていました。凄く聞き苦しかったのを思い出します。
しかし、日を追うごとに答え方のバラエティーが広がり始めたのです。一番最たるプレイヤーは本田圭祐君でした。カメルーン戦の最初の得点を上げ、エースに祭り上げられましたから常に談話を求められ、鍛えられたのかなとも思います。そのなかでも、
「常に応援してくれたファンも、批判してくれた方の意見もすべて自分のためになりました。それがあったからここまでこれました」。
という言葉を聞いた時には「すごい、大試合と言う物はここまで若いプレイヤーを育てるものか?」と思ったものです。
バレーボールの全日本がミュンヘンで金メダルを取るまでには3回のオリンピックが必要でした。その時も選手の談話がどんどん記事になりやすい形に成長して行ったのを思い出します。
今回のワールドカップでは、ワンランク上を目指せる素地がようやく出来てきたなと感じさせて貰いました、これからの日本を代表チームをさらに注視して行きたいと思います。

さて、わが日本が活躍することも嬉しいし楽しいものですが、各国のお国柄やいろいろなエピソードも知れて楽しめました。これはTVの裏情報的なものでしったものですが笑えました。
「イギリス人のこれまでの歴史上で最も大きな失敗は、ブラジル人にサッカーを教えてしまったことだ」。
「イタリアではワールドカップで自国の試合があるときにはすべてがストップする。飛行機は飛んでいないし、ローマ、ミラノ、ナポリなど町の中に車は通っていない。人も歩いていなくてゴーストタウンのようになる」。
「一般的なイタリア人の興味はまずサッカー、そして女性、ずぅ~っとランクが下がって仕事かな」。
「ブラジルに言わせると、ブラジルにとっての南米でのライバルはアルゼンチンだけ。他はサッカーはやっていないんじゃない?」。

凄いことを平気でのたまうものです。バスケにはまだ各国のこんな文化を感じさせてくれる言葉は出てきませんね。

それではまた、次回の“なんトラ”までごきげんよう。