内陸・ミュンヘンでサーフィン!? – なんトラ122

 南ドイツのミュンヘンといえば地理的にはかなりの内陸です。ヨーロッパの地図を開いてみると、長靴のような形のイタリア半島の北で、アルプスの国オーストリアやスイスのさらに北。冬季オリンピックを2度開催しているインスブルック(オーストリア)の地図上では真上あたりにあります。
 ミュンヘンも1972年にオリンピックを開催しており、バレーボールの男子が見事金メダルを獲得したところでもあります。街の中にオリンピックパークという公園があり、開閉会式を行った特徴的なデザインのスタジアムの横に自動車のBMWの本社やミュージアムがあります。几帳面なドイツ人の技術力の粋を集めたようなミュージアムが魅力的でした。BMWのBは Babarianかと思ったらBayeriche Motoren Werke AGの略でした。専門外のことはついおろそかになる良い例ですね、気を付けねば。
 また前回、SMARTと言うコンパクトカーのことをメルセデスの傘下の会社と書きましたが、BMWはMini Cooperを子会社化しているようです。知りませなんだ。

 さて、オリンピックパークから15分程市の中心部に入った所に“イングリッシュ・ガーデン”という大きな公園があります。東京で言えば代々木公園のような立地でしょうか。しかし、大きさは幅1km、長さ4kmと言いますから400ha、代々木公園が54.1haですから7.4倍という巨大なものです。
そこではあらゆる年代層の人たちがジョギング、ウォーキング、ノルディック・ウォーキング、サイクリングなどをそれぞれのペースで楽しんでいます。池には白鳥や鴨などがおり、その横のバラ園には今を盛りと5万本以上の花が咲いていました。1789年に造られたこの公園はミュンヘンっ子のオアシスと言われていて、オリンピックを記念して日本から庭と茶室が贈られて人気だと聞きました。
この公園にはイザール川から引き込まれた用水路といったらいいのか、ものすごい勢いで噴出してくる地元の人が言う“アイスバッハ“と言われる入水口があります。そこは川底に細工がしてあるのか大きな波が出来て、轟々と大音響をあげて流れ込んでいるのです。そこにウエットスーツを着た若者たちがサーフィンを楽しんでいました。
サーフィンと言えばすぐにハワイやアメリカ西海岸、オーストラリアなど“海”でと言う固定観念のある人ですからぶったまげました。街の真ん中、まわりにはオフィス街のある場所でやっているのです。嘘みたいな光景です。水温は10~12度、かなり冷たいのだけれど気にせずにどんどん遊んでいます。市民も観光客も自転車などでやってきて見物しておりました。
日本だったらすぐに「サーフィン禁止」としてしまうんだろうな、などと思いながら眺めておりました。NHKのBSの“世界街歩き”と言う番組で見たことがあったので実物を確認できて幸運でした。若者たちの恐れを知らないトライする姿には脱帽です。
つくづく世界は広いんだなぁと、実感しました。

それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!


違いを受け入れることからなんだな。 – なんトラ121

 さてさて、外国に旅行してみるとまず、分かるのが日本との違いというもの。
 落ち着いて考えれば何ということはないものです。気候も風土も人種も歴史も異なっているのでありますから違っていて当然のことです。

 でも、人間と言うもの毎日毎日の積み上げが人生というものでありますから、つい自らがこの世の中心であるというような考えに陥るわけですな。とくに外国からの客人を迎える場合に起きがちなのが、こちらの習慣が分からないというところからのズレでしょう。世界中どこの国でもですね。
ズレと言っているような状況の場合にはまだまだ修正は可能で問題ありませんが、これが摩擦という文字を使わねばならぬようになると少々時間がかかります。時としては決裂ということもあり得るわけですね。
ホームステイなどで良くあるホストファミリーと上手くいかないなどと言う時の場合がこれでしょう。ようするに双方の相性の問題と言えます。

 わがファミリーでも、幸い過去20年くらいの間にずいぶんとステイした若者たちがいますが、長い場合も、1週間程度でもまったく問題ありませんでした。いい若者ばかりだったと思います。
 よく、「現代の世の中を生きる人間はインターナショナルでなければ」などということが言われますが、わがファミリーはそんな面はみんな彼ら彼女らに教えてもらったような気がします。外国から来る人々は年齢の老若に関係なく“違い”を楽しみに来ているからなのです。

 そんななかで北ドイツから来た20代の青年に日本の感想を聞いたことがあります。
「君はどんなところに興味を持って日本に来たの?」と。
そうすると「ヨーロッパから一番行きにくい所が日本だったから」と言う答えが帰ってきました(確かにfareast/極東と言われていますからね日本は)。
 「で、どう?、感想は?」
 「まったく違う。表向きは建物も近代的だし、テクノロジーもすべて揃っていて問題ないし、いろいろな面でヨーロッパより進んでいるところもあるんだ。でもね、1歩生活の中、つまりファミリーの中に入ると多くの伝統的な生活習慣やしきたりが残っている。そこが違う。そのギャップがすごく面白いと思うんだ」
 「君にはここ日本が合いそうかな?」
 「うん、言葉の問題さえ解決がつけばすごく合うと思うよ」
 というような会話をしたことがあります。以来、何人もの若者に同じような質問をしましたが、大体同様な答えが返ってきました。
  ようするにどこの国も人も違っていてあたりまえ、ということをベースに考えることそしてそれを受け入れることがインターナショナルなのでしょうね。

ところでドイツの結婚式に出てきたと書きましたが、その式には100人くらい出席していましたが、ドイツ以外からはわれわれ日本を含めて14か国の人が出席していました。いまやユーロで通貨も統一されていて10年ほど、ますます行き来が盛んになっているようです。
そしてそこで以前と違ってきていたことはコンパクトカーの増えていること増えていること。ドイツもフランスもメルセデス社製のSmartという2人乗りの車が増殖していました。やはり、エコロジーがベースになってきているのでしょうね。小さくてすごく可愛いので目立っておりました。新婚夫婦の車もSmartだったので写真を載せておきました。
見たことはおありになるでしょ。

それでは次回の“なんトラ”までAuf Wiedersehen!


“色の道”の先達フランスは絶妙? – なんトラ120

 日本から外国に旅に出てまず感じることが私にはあります。
 飛行機から税関を通って、荷物をターンテーブルのところから取り出して、えっちらおっちら運び出して迎えに来た人と会ったり、あるいはタクシーに乗ろうとしたり、さらにシャトルバスなどに乗ろうとすると感ずるのです。
 それは“香り”いや“匂い”と言った方が良いでしょう。私はそれほど多くの国を訪ねているわけではありませんがそれでも感ずるのですから、それが生活の匂いなのかもしれません。
 たとえば、韓国のソウルに行く時には金浦空港に降り立つわけですが(今も同じかな? なにしろソウル・アジア大会、ソウル・オリンピック以来行っておりませんからね)、そうすると“にんにく”の匂いがプ~ンと来るのです。冬場はそうでもないのですが夏はかなり来ますね。
そしてインドのカルカッタ、今ではコルカタと言うんでしょうか、トランジットでちょいと降りただけで“カレーの香辛料”の匂いがプ~ンと来たもんです。
アメリカのニューヨークに降り立つと“たまねぎ”の匂いがするんですよね。
作者は誰だか失念しましたが、世界の各都市の匂いをイラスト化したアーティストの作品をみたことがありました。そこには、ニューヨークの摩天楼とLady of Liberty(自由の女神)が描かれ、その上に漂う雲が“たまねぎ”の形をしていましたっけ。
香港の上空を漂う雲は“にんにく”。ローマは“オリーブ”の形のがね。
じゃあ、日本はどんな匂いがするのか? ということが話題に上ったことがありました。バスケのアジア連盟のエディトリアル・コミッティー(編集委員会)のミーティングの時でした。当時の事務総長の趙東宰氏は「住んでいる人には分からないものです、そういうことは。日本におりると“味噌汁”の匂いがしますよ、私にはね」。
思わず「へぇ~、そうなんですか?」と言ってしまいました。考えなかった訳ではありません。イラストを観た時に「ウ~ン、なんだろう日本は」と。でも、日本人は体臭も薄いと言われているし、あまりないんだろうな。と一人で合点してしてしまったのでした。ですから前記の表現になったのです。
匂いひとつでもこれだけの多彩さです。これが色となると決めにくいものですが、さらに色々(?)です。
今回フランスに行って非常に心地よかったのは、色が優しかったことでしょうか。長い歴史の中で色と色の組み合わせの妙を熟知しているところが、あらゆる場面に出てくるのです。生活の中にもすごく出ていることが分かります。
たとえばアルザスの田舎町コルマールの朝市に行ったときも感じました。柔らかい朝日が大きな倉庫に差し込んでいる場に色々な物が並んでいます。綺麗なんです、これがなんとも。元々のものの色自体も自然のもの以外を使っていないから優しい色なのですが、それのディスプレイの時点での色の配置、配色、みごとなものです。
フランスにいた7日間、本当に心洗われる気がしたものです。特に都会でなく田舎にそれを…。日本には日本の優しい色使いがあると思いますが、ヨーロッパの配色の妙はどうも、グラデーションにあるような気がしますね。
それでは何点かの“色”を見てみてください。次回の“なんトラ”までAu revoir…!(オー ルヴォアール/さよなら)。


京都産業大学レクチャー・レポート – なんトラ119

 今回もヨーロッパで感じたことにしようと予定しておりましたが、その前にこの“レクチャー・レポート”をお伝えしたいと思いました。学生の皆さんの真剣さも私にはビシビシ来ましたので書かせていただきました。なかなかのものですよ、私のあった学生さんたちは。6、7年前に成城大学の文芸学部の“スポーツと文化”という口座では井上雄彦大先生にもお手伝いしていただいたこともありました。今考えてみるとお忙しいのによく来てくださったなぁ、と思い出にふけってしまいます。

 7月9日(木)と10日(金)の2日間、フープヒステリアのメンバーの通称WOGさんこと小倉めぐみさん(京産大の助教をされています)のご好意とご依頼で上賀茂(京都産業大学の所在地です)に行ってきました。WOGさんは文化学部に所属していてアメリカ文化について教鞭をとっておられます。バスケの知識はもの凄く、カメラの腕もプロはだし、さらにアメリカ文化をも教えてしまおうという方ですから、私などいつも彼女に会うたびに思わず頭を垂れてしまいます。ヒステリアのメンバーの方々は中学生から80歳オーバーの方まで、いろいろバラエティーに富んだ素晴らしい方がおられるのです。
 さて、9日は経営学部、経済学部の「アメリカの形成と発展A」。10日は文化学部、外国語学部英米語学科の「米文化概論Ⅰ」の授業でアメリカが生んだスポーツであるバスケットボールがどのように受け止められ、また、社会の中で機能しているか等を、メディアがどうからんでいるかを含めて話してくれということで、レクチャーしてきました。
 学生にとって興味のあるスポーツの話題で、なんとかバスケットというスポーツを理解して貰えるよう、つたない話ですががんばってみました。せっかく呼んで頂いたのだからこれだけは覚えておいてくださいと、バスケの生まれた日、そしてどのように伝播してきたのか?、など絞ってお話したのです。 
 TVの番組などで話すのと、生の人間を前にして話すのではまったく勝手が違います。前者の場合には反応はなかなか掴み難いし、後のちに判明することが多いのですが、後者は直に反応がビシビシ来るのです。
われわれの学生時代には、授業の途中に教室を出るなどということはまずありませんでしたが、今はつまらなければ平気で出て行ってしまいます。教える側にとってはおっかない状況ですねぇ。
 出席も教室の入り口にカードを当てると自動的に感知し出席を管理するというスイカやパスモ並みのハイテク振りです。これじゃあ、代返など出来るわけありません。すごいシステムです、ずいぶんと発展しているんですね。でも、後で考えてみたら、上に政策があれば、学生には対策があるわけで、誰かに頼めばよいと気が付きました(笑)。
 一応、両日とも最後の質疑応答の時に「これから社会人として世の中に出て行く皆さんがこんな人になっていたら一緒に仕事をしたいなと思います。ボクはね」という会社の中で仕事を楽しんでいくやり方を掴んでいる人の話をしました。そうしましたら、僕のつまらないレクチャーの終わったあとのQは結構そんな話に収斂していました。
 やはり、仕事の現場の経験を聞きたいというのが感じとられました。18歳から23、4歳までの大学生でスポーツは趣味程度の人にとっては、何かインパクトがないとすぐに忘れてしまうでしょうが、これからのことになると意味合いが違ってきます。彼ら、彼女らの近未来には就職という現実があるのですから、やはりそこがポイントになるのでしょう。
 ですから、こちらが一生懸命にストレートに話をすると決して反応がないわけではなく、かなりいろいろなシグナルを送ってきます。「何か夢中になれることを見つけて集中してやってみるといい」と言いました。「やりたいことかどうか少ししか分からなくとも、何もしないでずっと同じところにいるより、思い切ってやったほうが何かが見えてくるはずだからね」とも…。
そうしたら、何か皆がこちらを一生懸命に見ているのを感じましたね。こんなことを上手く掴んでいけばコミュニケーションは問題ないということを勉強させてもらいました。ふだんやらないことって、刺激はあるし、難しいし、疲れるけれど、楽しいものなんだということも。いくつになっても勉強です。
聞いてくださった学生の皆さんにはひたすら感謝するしかありません。どうもありがとう。

次はまたヨーロッパで感じた話に戻りたいと思っています。それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!


フランスの田舎でLady Libertyに会ったぞ。 – なんトラ118

 無事帰還いたしました。前半1週間はミュンヘン、シュッツットガルトで主に結婚式を中心に行動。後半1週間はフランスのアルザス地方、ストラスブールの南に下がった“ワイン街道”のColmar(コルマール)とRiquewihr(リクヴィル)に3日いて、後は花の都パリ。
 どちらともボクの今までの人生の中には、あまり現れてくるはずのない地名です。だからこそ嬉しい。新たなる体験・体感ツアーなのでした。
ドイツでは友人の家にステイしましたので心配する必要もありませんでしたが、フランスのホテルは日本からインターネットで検索して予約。どうなるかヒヤヒヤものの初体験でしたが、きっちりと予約されていて何の問題もなくスムーズでした。なんとも便利な時代になったものです。

 旅というものは、ハプニングや思いもしなかった事柄が知れたなどということが嬉しいものでして、今回はそれまで知りもしなかったコルマールで「へ~っ」ということを知り得たのです。
 Gare de l’Est(パリ東駅)からTGV(フランスの新幹線)でStrusburug(ストラスブール)
経由でコルマールまで行きました。さすが鉄道でも日本などより早く作られ、使われていただけあってなかなか便利に出来ています。しかし、それぞれの方向に行くのには全部駅が違います。簡単に説明すると、東駅、北駅、サンラザール駅、モンパルナス駅、オーステルリッツ駅、リヨン駅これで東西南北をすべてカバーしているのですね。日本の東京で言えば渋谷、新宿、池袋、東京、品川などから新幹線が出ているような感じでしょうか?。
 他の交通機関より、ちょっと高いのですが乗り心地は良いしのんびりしているのが素敵です。2時間半も乗ればアルザス地方の中心都市のストラスブール、さらに南に20分ほど下るとコルマールに着きます。
 まぁ、なんとも可愛い町でした。コンパクトでありましていろいろと入り組んでおりますので、地図を見ながら歩いても分かりにくいことこの上ない状態がず~っと続きました。中世の路地がそのまま残っているのですから当然です。
 でもオールドタウンに入ろうとしたところに3mくらいの高さの見慣れた像が建っていました。
「ありゃ、なんでここに“自由の女神”が立っとるんだ?」
東京にも、お台場やラスベガスにも立っているのがあるけどその類かな? などと思いもしましたが、ここはフランス。何か理由があるんじゃなかろうか?。と…。
ホテルにチェックインして分かりました、分かりました。
 自由の女神の作者の生まれた土地だったんですね、コルマールは。何も知らずに来た私はなんとも恥ずかしく、穴があったら入りたくなりました。でも、知ることが出来たということで良しとしましょう。
 その彫刻家はフレデリク・オウギュスト・バルトルディ。
 1834年コルマール生まれで1904年にパリで亡くなっています。アメリカ独立100周年を記念してフランスから贈られ1886年にNYに建てられました。その建立にはエッフェル塔で有名なギュスターブ・エッフェルが携わったということです。NYでは女神像の頭部まで登ったこともあったので不思議な縁を感じました。
 パリにもセーヌ川のほとりのグルネル橋のたもとに女神像がありますが、こちらはパリに住むアメリカ人からの返礼でフランス革命100周年の記念に贈られた物のようです。
 さて当然のこととしてこのコルマールには“バルトルディ美術館”が町の中心にありました。それを見ずしておめおめと日本に帰れるものではありません。しっかり拝見して来ました。日本ではあまり有名な作家ではありませんが(勉強不足の私が知らないだけかもしれない?)、聞いたことのある有名な彫刻の作品名がずら~っと並んでおりました。ベルフォアのライオン像の試作からの制作過程の作品などなかなか迫力十分でしたし、小説“ローマ人の物語”の初期に出てくるガリア(フランス)人の英雄のアルチンジェトリクスなども製作しているとあって、かなり親近感も沸いたものです。
 旅というもの、は思ってもみなかった物に遭遇するというのが醍醐味のひとつであると書きました。そんな面ではバルトルディという人物に興味を持てたということは、大変大きなインパクトであると思えます。“台場の女神”(と呼ばれているそうです)を含めてLady Liberty
がますます好きになりました。2001年の9月11日依頼公開されていなかった女神も全面的にOKになったようです。またNYに行きたくなってきました。

それでは次回の“なんトラ”でまたお会いしましょう。SEE YOU!