MEMORIAL ALL-STAR GAME – なんトラ171

2006年以来のアメリカ取材旅行です。
実質2006年は2005-06シーズンですから、bjがスタートして2年目の年でした。冬場はなるべくNBAのゲームを見ようと決めていましたから、いつも万難を排して時間を作って行っていました。
ところがbjも同じ冬場に行われますから完全にシーズンがかぶってしまいます。そんなときに一番困るのが、TVの解説を頼まれたときでした。どうしてもそちらを優先しますから、取材旅行の計画が立たなくなるのです。なるべく一度で多くのゲームを見ようとスケジューリングに苦労するのですが、どうしても良い形で取れなくなって、ゲームを観れるのが少なくなってしまうとあきらめることになります。
今回ようやくそんな考えを吹っ切ることが出来そうな巡り合わせがやってきました。
今年のオールスターゲームはオーランド/フロリダで行われますが、前回オーランドで行なわれたのが、ちょうど20年前の2月9日のこと。
このオールスターゲームは非常に感動的なものでした。というのはシーズン前の11月上旬、レイカーズのスター、マジック・ジョンソンがHIVに感染、引退を発表したのです。
しかしながら彼の名前はすでに、ウエストのスターターとして各フランチャイズで配られる投票用紙にプリントされていたのです。そしてファンは彼をウエストのPGとして選んでしまったのです。ジョンソンはこのオールスターでプレイしただけでなく大爆発! MVPとなる25点、9アシストをあげました。
ほぼ、試合の決まってしまった第4クォーター、マジックと幼馴染のアイザイア・トーマス、宿命のライバル、ラリー・バード、そして、NBAの松明を渡したマイケル・ジョーダンとのワンオンワンは、当時不治の病といわれていたエイズだっただけに、最後の対決としてみなが涙にむせんだものです。
このゲームをその場で見ていたボクにとっても、思い出深いものとして記憶に残っています。というのは前半の途中パスをはじいたボールが記者席に飛んできたのです。それはなんとボクの席に飛んできてしっかりとキャッチ。シュートじゃなかったからリバウンドにはならなかったけれど面白い経験をさせてもらいました。
まだ、NHKも現場に行って生中継をやってはいなかったので、帰国してから解説をしたときにしっかり撮られていてびっくりするとともに、少し恥ずかしかったのを思い出します。
なお、今考えてみるとこの時の興奮は夏に行われたバルセロナ・オリンピックまで続き、ドリームチームの狂奏曲を世界中に巻き起こす序章となったのです。日本でも一般の人々までバスケットボールは面白いと認知されたのはこの時が始めてといっても過言ではないでしょう。

2月26日(日)が今年のオールスターゲーム本番。日本では月曜日が放送になると思いますが是非お楽しみに。人気が一気に沸騰したジェレミー・リンもスラムダンク・コンテストのチームメイトのアシスターとして出場するようです。
もしかするとルーキーチャレンジにもエントリーされているかも知れません。スターンコミッショナーだったらその位のことはやってくれるでしょう。
オールスターのレポートは次回に書きたいと思います。

それでは次回の“なんトラ”まで御機嫌よう。


February Sensation! – なんトラ170

なんだかNYニックスが大変なことになっています。
たった一人の選手の活躍で大騒ぎです。そのプレイヤーの名はジェレミー・リン(Jeremy Lin)、漢字で書くと林書豪(Shu-How Lin)。ゴールデンステイトに昨年入団しましたが1年でカットされ、今年もシーズンの始まる前にヒューストンをクビになったプレイヤーです。

ジェレミーのオリジンは中国系。それも台湾であり、1970年代にアメリカに移民した台湾人のお父さんとお母さんの3人の息子の真ん中の子で、お兄さんはJOSH(ジョッシュ)、弟は(ジョセフ)といいます。
ノース・カルフォルニアのスタンフォード大学のある町、パロアルトで育っています。パロアルト・ハイ時代から勉強は出来るしスポーツも万能という子で地域の人気者でした。チームのキャプテンを務め、地域の賞という賞を総なめにしてきました。そして勉強の方も同様で、4.2GPAを取るすばらしさで、ハーヴァードに進学、IVYリーグの中でもナンバー1の大学で、NBAの選手より大統領を輩出している方が多いという学問の方での名門中の名門です。
そこで4年間プレイ、115試合(87試合スタート)出場で平均29.2分出場、12.9点、4.3リバウンド、3.5アシスト、1.96スティール、48.1%のシュート率を上げています。そしてIVYリーグ史上1450点、450リバウンド、400アシスト、200スティールをあげた最初のプレイヤーとなったのです。
そしてNBAですが、まったくドラフトされずフリーエージェントでゴールデンステート・ウォリアーズに入団しました(7/21/2010)。まぁ、故郷でもありチャイナタウンのあるサンフランシスコに近郊にあるチームですから「獲っておくか」という存在だったのでしょう。2010-11シーズンは29試合、284分出場、2.6点、1.4アシストというパッとしない成績で終えています。
案の定、上記のごとくカット。リンの数字くらいをあげるプレイヤーは山ほどNBAにはいます。もっとすばらしい経歴を引っ提げてNBA入りをするコービーやレブロンなどもいるのですからコーチの眼も研ぎ澄まされていますから…。
彼のプレイを見ると体がそれほど大きいわけでもないし(191cm、91kg)、際立って早いわけでもない。ジャンプ力だってあるとはいえない。でも、きちんと決めるところでは決めてしまい、回りを生かして盛り上げてしまうという不可解なプレイヤーといっていいでしょう。NBAのバスケット用語で言えばIntangible(触れることの出来ない、ばく然とした、実体のない)要素を持ったプレイヤーということになりますか。
そんな彼が2月4日のNJネッツ戦でスターターになると、19日の前年チャンピオンのダラス戦まで9試合で平均38.9分出場、25.0点、9.2アシスト、3.2リバウンドをあげ、チームを8勝1敗の好成績に導いてしまったのです。それまでの数字はプレシーズンゲームを含めても11試合で4.9分、3.2点、1.9アシスト、1.0リバウンド。
なんてこったという数字です。
メディアはバンバン、リンに対する造語を製造し続けてLin-stant(分かりますよね)、Lin-sanity(ビンス・カーターの場合はVin-sanityでした。LやVを抜くと精神異常という意味です…)、Lin-credible(信じられない)、Lin-sane(狂気とか錯乱、非常識という意味)などで派手に紙面やPC上を飾っています。
ボクだったらさしずめLin-tangibleとしたいと思いますが、まだ出てきていませんね。

ジェレミーの生き方のモットーなども出てきています。
1.誰も信じてくれなくても、自信を持とう。
2.チャンスが来たら、把もう。
3.家族が僕をサポートしてくれる、僕も家族を支える。
4.自分にもっとも似合う方法を作り出す。
5.チームの成功は、自分の貢献だけではない。
6.環境がいくら変わっても、もともとの自分を変えない。
7.謙遜の心を持ち、周囲の人によく接しよう。
8.他人は僕を愛する。
9.神様の恵みを忘れない。
10.努力すること。チャンスがいつ来るかわからないので、用意してチャンスを把めるようにする。
う~ん。すばらしい。
ジェレミーの暇なときの時間のすごし方は家族や友人と音楽を聴いたり、教会に行くことだそうです。
なんてこった、です。
人間というのはこんな事が出来てしまうから嬉しい。痛快だ!。

それでは次回の“なんトラ”まで御機嫌よう。