私の考え方を変えた騒動の結末。 – なんトラ129

 1月17日、プロ野球の巨人、阪神などで活躍した小林繁さんが亡くなりました。57歳という早世でした。
 私にとっては非常に思いで深い選手であり、なぜかず~っと気になる存在だったのです。というのはあの有名な元巨人の江川卓投手との“空白の一日”の騒動でのトレードで阪神に移籍した方だったからです。
 痩身で右横手投げの独特な、いや変則なフォームで活躍、76、77年と2年連続で18勝をあげて巨人の連覇に大きな働きをみせた、当時のエース級の選手でした。
 そして“空白の一日”騒動で大きく小林さんの人生は揺れたのです。この“空白の一日”というのを説明すると、77年のドラフトでクラウンライター(現西武)から1位指名を受けた江川投手は入団拒否してアメリカ留学をしていたのですが、78年のドラフト前日に巨人と契約をしたのです。78年には球団は西武に引き継がれていたのですが、交渉権は20日に喪失、21日は江川投手を拘束できない一日と巨人は主張したわけなのです。
 リーグはこの契約を無効としたため、巨人はその年のドラフトをボイコット、結果として阪神が交渉権を得たのです。その後もかなりもめましたがコミッショナー裁定で、まず阪神が江川投手と契約、その後79年2月に巨人小林投手とトレードをしたのです。
 江川投手は作新学院高校時代に甲子園で活躍、豪速球投手としてならして巨人入りを熱望しましたが他チームに指名されたため法政大学に進学、その5年後に強引に希望球団に入団したのです。
 今から30年以上前のことですが、この騒動は私にとっても自分のスポーツに対する考え方を変える大きな事件でした。
 巨人-阪神間のトレードと言う結末を見てまず思ったのは「アメリカであれば絶対にこのような大騒動にはなりようがない。なぜならドラフト権のトレードと言うものがルール化されているからだ」と。月刊バスケを創刊して6年はたっていましたからNBAという組織も勉強していましたし、アメリカのスポーツ界の考え方も理解できていましたので、私の頭の中も合理的な考えになっていたのでしょう。
 そしてもう一つ、日本のプロ野球の成り立ちがそうだとしてもあまりの巨人の横暴と言うものが目に付いてしまったのです。結果、私はプロ野球というもののファンを辞めました。私が辞めても日本のプロ野球にとってどうってことはないのですが、ともあれ消極的拒絶を行ったのです。
 でも、いまだに続いていますねぇ巨人は。ドラフトの逆指名を制度化したり、各チームの4番打者ばかり集めたり、ドラフトをなくそうなどと工作したり、自分のチームだけが良ければ良いという考えが前面に出ています。ナベツネこと渡邉恒雄元オーナーなどその権化みたいなものでしょう。だからますます私の拒絶は継続するのです。彼の言動や行動を見るたびに、日本のスポーツ文化度の低さが感じられて仕方ありません。それを思うにつけつくづくロサンジェルス・レイカーズのオーナーのジェリー・バス氏が話してくれたことを思い出します。
 「レイカーズを強くしたいということは私の夢であるとともに、仕事でもあります。でもレイカーズが勝つということは、負けてくれるチームがいなければならないのです。ですからリーグのチームはすべて運命共同体なのです。非常に大事な仲間なのです」。
と言っておりました。これが、プロの発言ですね。アメリカのプロリーグはすべてこの考え方なのです。
 小林繁さんもトレードの記者会見の時に、
 「このトレードが良かったのか、そうでなかったのかは私が次に行ったチームでの成績で判断して欲しい」というような意味のことを言っていたのを思い出します。この言葉もプロであることを感じさせてくれます。
そして阪神での最初のシーズンは22勝をあげて最多勝のタイトルを獲得、同時に2度目の最優秀投手賞(沢村賞)を受けたのです。83年に引退するまでに374試合で139勝95敗17セーブ防御率3.18。
昨年の日ハムの2軍コーチから、今年は1軍に昇格していた矢先だったのです。
 非常に大事な方を亡くしたと感じたものです。しかし、これも人生。私のような平凡な人間は心して精一杯トライする人生をし続けなければいけないのだなぁ、と改めて思いました。謹んで冥福を祈ります。合掌。

 それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。


年の初めは…。 – なんトラ128

 2010年、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお付き合い願います。
 そして、タイトルの如く…。何はともあれ年賀状だと私は思っています。
 年が明けて1月元旦の朝は、まず郵便受けのチェックからスタート。かなり多くいただいているの賀状を手に居間に入ります。
その後に家族一同の「おめでとうございます」があって、お屠蘇に、おせち、そしてお雑煮と来るのが我が家の伝統的しきたりでございます。まぁ、どこでも一緒でしょうか。最近ではお屠蘇も日本酒だし、子供たちも巣立ってしまったので、新年の挨拶もわが親愛なる相棒にだけ、おせちもほんの僅かしか作りません、寂しいものです。なにか正月気分というものもずいぶんと希薄になってきています。
 でも、お雑煮を食べないと年が明けた気分にならないとかで、こどもたちも戻ってきますし、年賀状だけは正月気分は今年も濃厚です。
 いまや、メールで送るという方もおられるのは存じておりますが、やはり主流は郵便でしょう。手にとって見るという実感が欲しい私です。
 おせちとお雑煮をつまみにお屠蘇をちびりちびりやりながら1枚、1枚めくりつつ出してくれた方の来し方を想像したり、個人の生き方の流れを読むのも楽しいものです。賀状だけのお付き合いになってしまった方でも、自分の人生の一部分で一緒に行動していた方々ばかりですから読む方の思い入れも違います。
 だからといっては何ですが、こちらも出す賀状には精一杯力を込めています。
 まず11月頃に用紙の選定から始まります。本当に幸運なことに、息子を通しての友人で家族付き合いをする程に仲の良い紙の商事会社を営む方がいて、用紙を提供してくださります。最初の頃はその友人の会社が催すペーパーショウで配っている、はがき大の紙見本を使って賀状としていました。紙見本というものはその時は「いいな」ということで貰ってくるのですが、棄てられる運命にあるものでありまして、メモなどにもしていましたがあまりにも良質なので、もったいないと思って賀状に使用したのです。いい味が出たものです。
そして次に、干支の十二支の印を彫り上げます。遊印といって石の印材に図柄を決めて彫るのですがそのデザインを決めるのもなかなかの楽しみ。いつも1年中頭の中に図柄の良いもの、そしてヒントを探すスウィッチをオンにしています。あまり細かいものは印に適さないのでデフォルメされたものを探します。
最後は中に入れる文字となります。良いと思った自分が感じた短い文を筆でしたためます。書を習ってはいませんが文章を扱う仕事でしたし、筆で字を書くのも好きでしたので自己流で一気に書いてしまいます。そしてレイアウトして印刷です。
B4の用紙にはがきを4面付けして、簡易印刷のリソグラフにかけます。100枚ほど印刷しますから400枚になるという計算です。その後カッターで裁断、そして印を押して完成です。すべて手作りですから費用もかからず、自分でもそれなりに満足感はあります。こんなのを自己満足というのでしょうね。
宛名もすべて自筆で書きます。それにチョコチョコっと文を加えますので、時間はかかります。年が明けても必死に書いています。そのうち、1月元旦に全部着くようにしたいものです。作家の故池波正太郎先生は自筆の絵を描いて出したといいます。ですから賀状のスタートは夏からという徹底のしようだったそうです。そこまでは中々ですが、今年の目標は少しでも良いので近づきたいものです。

今回は2010年第1回の“なんトラ”ですから皆様にも年賀状をお出し(?)しましょう。自戒の念も込めた文字でございます。
あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。

それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!