約半世紀前の“早慶6連戦”の激闘を思い出しました。 – なんトラ101

 毎年のことではありますが、今年のキャンプは8月3日が香川県の三豊市高瀬町、翌週の日曜の10日が東京の地元狛江、そして24日が愛知県一宮市でファイブスターキャンプでございます。子どもたちの活発な動きに暑さも吹っ飛び、たくさんの元気を貰っています。バスケの楽しさを少しでも伝えられればと思って継続していますが、楽しければ長続きしますし、キャンパー皆が“夢中・熱中・集中”してくれれば良いのです。
 家にいても甲子園の高校野球はあるし、今年はさらにオリンピックイヤー。北京からの報道も大量に押し寄せてくるし、そのなかでもバスケはしっかりチェックしておきたいし、まさにスポーツ三昧の夏でした。
 
さて、普段はあまり見ることのない高校野球もチャンネル・サーフしていたら聞きなれた応援歌の“若き血”が流れてきたのです。“若き血に燃ゆる者”で始まり“陸の王者慶応”で終わる有名な曲です。「ありゃ、慶応高校が出てるんだ」などと思いつつ思わず1試合をしっかり観てしまいました。結局、塾高は(慶応の卒業生はこんな言い方をします)ベスト8まで行きましたが古豪が勝ち上がるというのは、なんとなく安心できるものです。まあNBAで言えば、ボストンがプレイオフで勝ち抜いてきたというようなものでしょうか。
ボク自身の出身は違いますがまわりにはけっこう慶応出身者がおりまして、父親(野球)とその弟(剣道)が普通部から行っておりましたし、中学の時の家庭教師でのちに叔母の旦那さんになった方も中等部からで応援指導部(他校で言う応援団)でしたのでよく応援歌、ファイトソングを聞かされて育ちました。まあ、慶応義塾の事情通(?)というような感じになっておりました。
特に詳しくなってしまったのは1960(昭和35)年の時でした。前記したように叔父が応指の特権をつかって、ボクを春、秋の六大学野球のリーグ戦に毎週のように連れて行ってくれたのです。慶応の試合のある時は必ずと言って良いほどでしたから対抗戦の楽しさ、面白さを中学の2年生ながら、いやというほど叩き込まれたような気がします。
慶応は言わずもがな早稲田、明治、法政、立教の校歌、応援歌は自然と覚えてしまったものです。でも、東大のは全然思い出せません。やはり縁がなかったのでしょうね。

 さて、この秋は最終週の早慶戦(慶応側は慶早戦といっています、そして春秋のリーグの最後は必ずこの両校の対戦に決まっていますがリーグ創設に大きな貢献をした両校を讃えたものだそうです)を前に慶応8勝2敗で勝ち点4、早稲田7勝3敗で勝ち点3という状況で1、2位の対戦だったのです。優勝の可能性はこの2校に絞られていたのです。
 慶応が2連勝か2勝1敗で勝てばすんなり優勝。早稲田が優勝するには連勝、または2勝1敗で同じ勝ち星、勝ち点が同率にし優勝決定戦に持ち込んで勝つ以外になく、慶応よりかなり厳しい条件でした。
 その闘いの跡は1回戦(11月6日/土曜)は2-1で早稲田。2回戦(7日/日曜)は4-1で慶応。3回戦(8日/月曜)は3-0で早稲田。ということになりついに優勝決定戦にもつれこんだのでした。
 そしてその後の優勝決定戦(9日/火曜)は1-1。再試合(11日/木曜)は1日おいて行われましたが0-0。再々試合(12日/金曜)が3-1とようやく雌雄が決したのでした。この6連戦のうち早稲田の安藤元博投手は実に5試合の完投、特に第3戦から4戦連続の完投で49イニング、564球を投げ抜いたのです。この6連戦には連日満員の観客が押し寄せて計38万人が観戦したと言われています。TVもNHKだけでなく民放も放映して全国の注目を集めたのです。
北京オリンピックでも女子ソフトボールの上野投手がもの凄い力投を見せ感動を呼びましたが、50年近く前にもこのような凄まじい激闘があったのです。
簡単にグレイテスト・ゲームを振り返ったわけですが、まぁ、ボクはこの伝説の6連戦をすべて現場で観たのですからいやでも早慶両校の応援歌は覚えましたし、両校の母校愛に強烈な刺激を受けたものです。

こんな体験をしたことがそれからの自分に影響しないはずはありません。10年後にはスポーツ雑誌の編集者になっておりますし、その流れからかNBAのバックに流れる音楽や、NCAAカレッジバスケットのファイトソングにも大いに興味を持ったものです。思わずの昔話になってしまい失礼しました。
TVから聞こえてきた応援歌と、上野投手の力投が今回の“なんトラ”を書かせたに違いありません。101回目の連載で新たな世紀に突入しました。今後ともよろしくご愛読くださいませ。

それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!


なんトラ99

 2008年の6月はちょっとショックな月でした。
 少々先輩に当たる方々ですが、スポーツを通したお付き合いをさせていただいていた知り合いが、3人他界されてしまったのです。66歳がお2人、63歳がお1人です。
人として生を受けて暦が一巡して60歳を過ぎると、何が起こってもおかしくはないと覚悟はしておりましたが、ひと月に3人ともなると、いやでもいろいろなことを考えさせられてしまいます。
井上雄彦兄の“最後のマンガ展”の主題が“生と死”であっただけにいろいろと考えさせられました。
人間にとって唯一、絶対であり、確実なことは“人生とは死に向かって1歩1歩、歩むこと”だと、ボクが勝手に師とも仰いでいる小説家の池波正太郎氏もあらゆる場面で書かれています。
生を受ける時と同様に、死に至る時も自らがその時を選べるものではありません。それぞれのそこに至る病の原因はあっても、それが理由で亡くなるのではなく、その時がその人の寿命なのだと考えることにしました。どんなに気をつけていてもそんな状態が“起こる時は起こるし、起こらない時は起こらない”のですから、人間の浅はかな思考形態では計れるものではないからなのです。
で、まだ生きているボクとしては「今やれることを精一杯やるしかない」と考えることとにしました。そして僕自身がやるべきことが残っているうちは、あちらからもお呼びはかからないだろうと思うようにしました。
60歳を過ぎると体力的には落ちて来ます。しかし、考えることや生きる知恵を持つということについては円熟の域に到達しつつある時期を迎えます。これから5年、10年、15年…、どのくらいか分かりませんが、自らが楽しいと思えることにそんな知恵を生かしてトライし続けていくことしかないと再確認できた良い機会でした。
先輩たちが「そろそろよ~く考えろよ」と、示唆してくれたのでしょう。
かなりボクに影響力のあった方々だったし、あまりにも早かった他界だけに残念な思いで一杯ですが、先輩の分もいただいて“世にはばかる”ようにしようと思っています。
合掌。

それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!


○と×の差。 – なんトラ98

 梅雨の間のつかの間の晴れの日、ある会合があって吉祥寺に赴きました。
 3時からだったので家を2時過ぎに自転車で出て、京王線の仙川駅横を通り抜けて杏林大学病院から都立三鷹高校横を通ってジブリミュージアム、井の頭公園を抜けるともう吉祥寺という、ゆっくりいっても30~40分の行程のランです。
気心の知れた仲間ばかりの会なので短パン+ポロシャツですので非常に快適でした。その井の頭公園を抜けたら左側からモウモウと煙が出ています。
「あれっ!“いせや”が開店したんだ」。
そうなんです。吉祥寺では知らない人はいないくらい有名な大きな焼き鳥屋さんです。お店の新築でしばらく休んでいました。6月4日に新規開店だったんですね。このお店、ボクの学生時代にはすでにありましたから、40年以上(だと思います)の歴史のある店で、旧店舗は2階建てで、焼き鳥の煙で真っ黒にくすんでおりました。

早めに会が終わったので、当然のこととしてご挨拶に伺います。先方のお店の方はボクのことなど知りませんから、こちらの一方的な思い込みで伺いました。
若い頃は徒党を組んで行ったものですが、われわれの大先輩の年代の方々はひとりで来られる方が多く、皆立ち飲みです。もちろんテーブルの席もあるのですが日本の焼き鳥文化を味わうにはやはり立ってやる方がベターでしょう。
新規開店の店の趣は、昔のママ。まったくレイアウトが同じなのです。2階以上にマンション用のビルが乗っかっているような感じでまったく違和感がありません。まず、そこが嬉しい。さらに焼き手のお兄さんもほとんど昔のママだし、美味しい大き目の串もいまどき1本80円也。ここも変わっていません。
ふつう、儲かってビルを建てて、店を新しくすると値段を上げるのが当たり前の世知辛い世の中ですし、それに慣れてしまっているボクには大げさではなく驚天動地の思いでした。お隣さんは見も知らぬ人なのですが、自然と昔の店の話などでいっぺんに仲良く会話が始まります。そのお隣さんとの一致した見解は、
「見事なものですなぁ。よくここまで昔のママに…」
というものでした。おそらく“いせや”の経営者の方は「建て直すのはこちらの都合、お客さんには店を休んで迷惑をかけたりしているし、そこにビルの値段を上乗せするなんてのはもってのほか」という素晴らしいフィロソフィーをお持ちの方と推察したものです。なかなか出来んことですな。すごく幸せな気持ちにならせていただきました。また、再度来ることは間違いないですね。

さて、その翌日。
台湾でお世話になった若き友人が東京に来たので築地を案内しました。築地は銀座に近いこともあって大体コースに入ることが多いのです。お約束は場内の市場を見て、場外で買い物、そしてお寿司を食すというのが通常です。この日もそうでした。
しかし、若さというのは凄い。腹いっぱいにお寿司を食べた後、さらにラーメンを食べたいというのです。ところが場外の新大橋通りに面した“井上”という名店のラーメン屋さんは1時を過ぎていたのでクローズしていましたので、その近くの煮込みと牛丼の老舗(80年以上営業していると聞きました)が空いていたのでそれにトライすることになったのです。
4人で動いていたのですがさすがに満腹だったので、1人前を頼もうということになりましたが、店の人はあからさまにいやな顔をし、4人前でないとだめだと言うのです。日本人はボクひとり。外国からのお客さんだからということを説明し納得して貰い、煮込み丼を出してもらいました。出す時もブチブチ言っていましたがもうひとりがちょっと味見を…ということで割り箸をとろうとしたら、ひったくって箸を取りかえしたのです。ひとりだからだめだというのです。
なんということでしょう。
説明を求めたら「店の方針だ」とか「忙しい時にそんなことをやられては困る」というのです。でも、築地の1時、それも平日は全然混んでもいません。そして最後には捨て台詞のように「あんたたちみたいなのは来てもらわなくてもいいんだ」というようなことまで言われたのです。
お店の方ももうすぐ閉店ということで疲れていたのだと思います。だからそんな言動になったのでしょう。でも、台湾の友人に対して悲しい、寂しい思いをさせてしまいボクは恥ずかしさを覚えました。そして、あやまりました。彼らは「気にしないで、大丈夫ですよ」と言ってくれましたが…。
さすがに、もう二度とこの店には絶対行かない、と決めました。

長く続くお店にもいろいろなあるものです。
今回は食の、嬉しい話と悲しい話でした。次回も“なんトラ”をよろしく。


う~ん、迫力に圧倒された! – なんトラ97

 5月25日、上野の森美術館の“最後のマンガ展”を拝見させていただきました。
 墨一色の濃淡で、現在の心情を余すところなく顕わした井上ワールドにどっぷりとつからせてもらいました。ある個所では墨痕鮮やかに「これでもかっ!」という迫力で迫ったかと思えば、他では淡いタッチで見る者を沈思黙考の世界に引き摺り込みます。

 スラムダンクが終わってしばらくたったころのことですから大分前のことですが、次は宮本武蔵を題材にという話しをしたことがありました。
その時、ボクはすぐに手元にあった吉川英治氏の著書を紐解きました。新聞の連載で好評を博したものの書籍化だったので、なんだか“おつう”と“武蔵”が本当に都合よく離れたり、会ったり、の連続の内容だったので「どのように纏めるんだろう?」ということばかりが気になったことを思い出しました。
 前回読んだのは高校生になったばかりのころですから、40数年はったっていました。その後「バガボンド」の連載が始まってみると「え~っ」、とか、「へぇ~こう来るの?」という連続で毎回びっくりさせられました。
 まったく漫画家の頭の中はどうなっているんだろう、とまたまた思わされたものです。

 人間、生きていれば必ずやパブリックな部分と、プライベートな部分があるわけですが、前者の仕事の部分での成長とファミリアな部分での充実がこの“最後のマンガ展”にはしっかりと現れていると見てとったのはボクだけでないと思います。
 そして“スラムダンク”の最後の頃からの一シーンの書き込みの度合いは“バガボンド”になってさらにエスカレートしていって、絵画の趣きさえ感じさせられるようになりました。井上さんの日常の仕事振りを聞くにつけ、これは「時間がかかるはずだ」と納得させられました。
 あっているかどうかはわかりませんが、ペンで顕わす細密から、墨で表現するという簡略に至る間(ま)にはかなり哲学的な思考も加わったものとおもいます。
 井上さんの人生設計のなかにある夢をも、経過として見させてくれる展覧会だったと思いました。

 4月の末にアメリカから共通の友人が5月上旬に来ることになったので時間が取れるかどうか電話をしました。ですが「まだ、マンガ展の方が全然手をつけていないので…」ということで合えませんでした。
内覧会当日の挨拶の中で「24日の朝まで描いていました」と苦笑しながら語っていたので、凄まじさとともに、ぎりぎりまで良いものをという“あがき”を知らされて、彼でも、と変な意味でホッとしたものです。

20数年前、ボストン美術館で見た日本から流出した江戸時代の20以上あるもの凄い迫力の龍の壁画に重ね合わせて“最後のマンガ展”を見ていた島本でした。井上ファンならずとも、要チェック、必見でしょう。

それでは、またまた次回の“なんトラ”までSEE YOU!


ボクがMY箸を持ちはじめたきっかけ。 – なんトラ96

 もうかれこれ15年ほど前のことでしょうか。
 叔母が品川の中延で陶芸のギャラリーをやっておりました。うちの奥さんが週に1、2回お手伝いに行っていた縁で、個展のオープニング・パーティーによく顔を出したものです。当時は月刊バスケの編集長をやっておりましたので、人と会うといえばバスケかスポーツ関係の方ばかりでしたので変化を求めていたのかもしれません。
 体育会系の雑ぱくな人たちと合うのも楽しいのですが、アートに携わっておられる方々はやはり一味違うものをもっておりました。そこに魅かれたのかもしれません。スポーツとアートは対極に位置するものと思っておりましたので、バランスをとりたかったのと、雑誌の中には写真はあるし、ページレイアウト、色の配列、全体のディレクションなどがあるので美的感覚を養う意味もありました。
 そこでお会いしたのが、和服の端布(はぎれ)を使用して小さな動物のぬいぐるみを創る作家さんでした。その方といろいろお話しているうちに、作品の経歴に押す落款(印)の気に入ったのがなくて困っているというお話になりました。ちょうど下手の横好きで遊印(遊び感覚の簡単な石印)を彫っていましたので「もし、気に入らなかったら捨ててください」ということでプレゼントしました。
 兎が大好きな方だったので、シルエットで兎をあしらい苗字も一字をほったものでした。意外にも大喜びしてくださり、こちらも嬉しかったものです。何にせよお世辞でも人が喜んでくれたのですからね。
 1週間ほど後、小さな細長い小包が我が家に届きました。なかには丁重な礼状に絣(かすり)の手作りの細い“和”と刺繍された袋に入った素敵な箸が入っていました。礼状の最後には“MY箸の会会長”と記されていました。「自分ひとりで会を作って気に入った方に押し付けがましく箸を贈っています、ごめんなさい」と書いてありました。
 しかし、是非使えとか、資源の無駄をなくそうとか、押し付けがましことは一切なかったのです。人からやれとか、理屈で上から押さえつけられると猛然と反発する性格のボクですが、そのときは実に素直に「使ってみよっと」てな感じで使用し始めました。
 ボクと一緒に食事をしたりする人は必ず「へ~ェ、MY箸ですか」とビックリするようですが、こんな感じでスタートしたのですよ。
 居酒屋でも、蕎麦屋でも、中華でも割り箸を使っているところでは必ず使用します。もちろん、仕事でお弁当が出る場合も使います。消極的な考えですが「ひとりでも割り箸を使わなければ、誰かが使うだろうから、長くやっていれば、塵も積もればなんとやらだな」などと考えています。
 絶対に押しつけたことはありません。でも、嬉しいことに高田馬場の中華の名店“揚子江”はすべて割り箸を使わなくなりましたし、若き友人のひとりは久し振りにあったらMY箸派になっていました。
 CO2の排出抑制にも何にもならんとは思いますがこれからも使い続けるボクがいることは間違いありません。ちなみに、外国への取材旅行でも必ず携帯していっています。

 それでは次回の“なんトラ”まで、SEE YOU!