インカレに見た「勝ちたい」気持ち

この時期のバスケ界のビッグイベントといえば、何といってもインカレです。
学生日本一を決めるこの大会は、ここ数年は特にかなりの盛り上がりを見せています。慶應義塾大の45年ぶりの優勝に沸いた昨年の最終日は、入場制限のために会場に入ることすらできずに泣く泣く帰った人もかなりいたと聞きます。
僕は、去年の最終日は別の取材で見ることができなかったのですが、その前日は確かに超満員でした。年々観客が増えているのではないでしょうか? スーパーリーグのファイナルよりは確実に多いはずです。
そんなわけで、今年も14(水)~16(金)の3日間、体育館に足を運んできました。

女子2回戦が行われた14日の横浜文化体育館は、注目カードが目白押しでした。松蔭大―早稲田大、専修大―立命館大、筑波大―白鴎大など、2回戦で見るのはもったいないカードばかり。
中でも、日本体育大(関東2位)と拓殖大(関東5位)の対戦は好ゲームが展開されました。前半優位に立った日体が4Qでわずか5得点に抑え込まれ、拓大の逆転勝利。これで日体は昨年に続き2回戦敗退、今年もオールジャパン出場権を逃しました。
今年から采配を振るう若き女性指揮官・青木綾乃コーチにとっては何ともほろ苦い結果となってしまいましたが、それでもリーグ戦で見せた破竹の12連勝は誇るべきもの。古豪復活へ向け、来季はインカレでも躍進を期待したいところです。

続いて15日は、男子準々決勝の会場・代々木第2体育館へ。大方の予想通りベスト8は今年も関東が占め、しかも来季1部で戦う8校が勝ち上がってきました。
したがってこの日もどこが勝ってもおかしくない激戦が予想されましたが、この日一番観客を沸かせたのはやはり第3試合の慶應義塾大(関東7位)―東海大(関東2位)でした。
その理由は、多少なりとも日本のバスケに詳しい方なら対戦カードを見るだけでわかるでしょう。そう、ナショナルチームでも活躍している竹内公輔(慶應)・譲次(東海大)のツインズ対決なのです。
リーグ戦では両校の対戦日がナショナルチームの活動期間と重なってしまったため、2人のマッチアップは実現しませんでした。待ちに待った直接対決というわけです。
そんなわけで注目を浴びたこの試合、2人ともお互いを知らず知らず意識したのかともに序盤は動きがぎこちない感じでしたが、そんな中でも2人がルーズボールを争う場面があり、場内は大いに沸きました。
しかも、2人が弾いたルーズボールに飛びついていったのは慶應・竹内尚紀選手。竹内と竹内がボールに絡み、そこに竹内が割って入った……文字にすると全然わけがわかりません(爆)。
それはともかく、試合のほうは弟・譲次の東海大がロースコアゲームを制しました。昨年のインカレ優秀選手・公輔はベスト8止まり、譲次はその勢いのままインカレ優勝を果たし、MVPを獲得しました。兄弟で2年続けて学生日本一とは、とんでもない双子です。

そして16日は女子の準決勝。昨年の女王で、今年も優勝の最有力候補に挙げられていた筑波大(関東1位)が敗れてしまいました。
筑波を破ったのは松蔭大(関東3位)。リーグ戦で筑波に唯一の黒星をつけたとはいえ、失礼ながらサイズや実績では劣るチーム。インカレ出場も今回でまだ4回目で、筑波や日体といった伝統校と比べるとほとんど新興勢力と言っていいでしょう。そんな松蔭が、決勝でも昨年3位の鹿屋体育大を破って見事初優勝を飾りました。
この事実は、スポーツで最も大切なのはメンタリティーであるということを教えてくれます。
僕が見る限り、松蔭の選手はベンチも含め勝利への意識が強く見てとれました。決して筑波や鹿屋のほうに油断や驕りがあったとは思いませんが、「勝ちたい」という気持ちの強さは松蔭のほうが上だったと思います。
今大会MVPの関根麻衣子選手は自宅から2時間かけて通学しているそうですが、そんな中でも空いている時間を見つけては個人練習をしているそうです。小林夕紀恵監督も「恵まれない環境の中で、選手達はよく頑張っている」と言っていました。
逆境をものともしない気持ちの強さ、それさえもモチベーションにしてしまうようなタフな精神力は最大の武器になりえます。そしてそれが技術や体力の向上にもつながるのだと僕は思っています。

思えば昨年の慶應も、とても取れそうにないルーズボールに飛び込む姿が観客を味方につけました。それは間違いなく、誰よりも強く「勝ちたい」と思っている、そんな気持ちの表れに他なりません。
そんな懸命さこそが、ここ数年インカレが多くのバスケファンを惹きつけている一番の要因だという気がします。また来年、松蔭のようなチームが新たに現れることを期待せずにはいられません。


bjリーグ開幕・2日目レポート 

お待たせしました。2回目の「だむだむ探検隊」です。
前回はbjリーグ開幕戦について書きましたが、初日の話題に触れただけで字数がかさみ、全てを書ききることはできませんでした。 ということで、今回は引き続きbjリーグ開幕2連戦の話題です。

なかなかの盛り上がりを見せて初日を終えたbjリーグ。しかし、結論から言うと、2日目は厳しい現実を突きつけられました。
この日、有明コロシアムの観衆は1900人程度。前日に比べると非常に寂しい印象を受けました。といっても、これがJBLやWJBLなら十分入っているほうなんですけどね……。
しかしbjはプロ。客を集めないと商売にならないわけですから、リピーターを作る必要があります。この2日間だけで判断するのは気が早すぎますが、初日だけ来て2日目は来てくれなかった人が1000人単位にもなるというのは残念な話です。初日に「あの人達、かなりのアパッチファンだなー」と思っていた人達も2日目はいなかったり……。
調べてみると、他の2会場も前日に比べると観客数はだいぶ減ったようです。確実に3000人を集める新潟はともかくとして、どのチームもさらに努力しなければならないでしょう。
とはいえ、好材料がないわけではありません。ドラフトやサラリーキャップ制による戦力均衡化の成果なのか、開幕日の3試合はいずれも5点差以内という好ゲーム。緊迫したゲームを展開すれば、初めて見に来た人も「また来たい」と思ってくれます。何より大事なのは試合内容の充実。そういう意味では、今後に期待という感じです。

さて肝心のゲームですが、前日敗れたアルビが101-93でリベンジを果たしました。この日も終盤まで競った展開だっただけに会場は盛り上がりましたが、その盛り上げに一役買ったのがアルビの廣瀬ヘッドコーチでした。
少し控えめな感じもあった前日とはうって変わって、開始直後からコートサイドを動きまくり、声を出し続けます。極めつけは3Q。ルーズボールを奪われた小菅直人選手に対し、おそらく人類が発することのできる最大の音量で
「飛び込め!! 飛び込め!! ルーズボール負けんな!!!!」
会場中に響きわたったその声に、大きな拍手が送られました。
その後も脱いだ上着をフロアに叩きつけたり、長谷川誠に対する接触プレイで「ファウルですよ!! 危ないでしょう!!」と審判に詰め寄ったり(長谷川はこのプレイで負傷退場、肋骨骨折で年内復帰は絶望的)。サイドライン上で相手のジョン・ハンフリーと何やら話し込む一幕もあり、観衆を引きつけるパフォーマンスを見せていました。
その情熱で選手にも慕われる熱血漢が大いに本領発揮。ある意味、この日のMVPは廣瀬HCだったかもしれません。
ちなみにハンフリーとの会話の中身は「今のはそっちのファウルだろう?」「今のケースは取られる時もあれば取られない時もある。それにしても君はグレートシューターだね」「次も決めてみせるよ」というものだったそうです。

ゲーム以外で気になった点を一つだけ。
MCの方が観客を煽るのは新潟では見慣れた光景ですが、相手のフリースローにマイクを通してブーイングをしたり、審判のジャッジに「グッドレフェリー!」と叫ぶのは気になりました。この点は、2日目に僕の知り合いでアパッチブースターを名乗る方が直接要望を伝えたそうで、やや改善されていましたが……。
そして、試合状況の説明するのもMCの大事な仕事です。この2日間、「3ポイントシュート、○番・○○」とか「○番・○○、オフェンスファウル」などの説明がほとんどなし。これでは、初めて見に来た人が「今の笛は何?」ということになってしまいます。 この点でも、やはり新潟は何歩も先を行っています。そのうち詳しく触れる機会があると思いますが、bjリーグの記者会見でも司会を務めるフリーアナウンサー、関篤さんのMCは秀逸です。各ホームでMCを務める方は、一度だけでも新潟で関さんのMCを見ておいて損はないと思います。
それを踏まえた上で独自のカラーを出しつつ、あとは実戦で慣れることでしょう。いきなりパーフェクトを求めるのは酷というものですからね。MCの成長ぶりにも要注目といったところです。

その他にも問題点はいろいろとありますが、まだ始まったばかり。それらが今後改善されていけば、リピーターが増え、会場が盛り上がり、リーグの認知度が高まっていくはずです。それが、ひいては日本バスケ界全体の発展につながる、いや、バスケ界が発展する方法はそれしかないと言っても過言ではありません。
その中で僕はライターとして、頑張ってbjを取材し、できるだけ多くのことを伝えていきたい。それが、僕が日本のバスケをサポートする方法だと思っています。
僕の記事を読んで日本のバスケに興味を持ち、それぞれの方法でサポートしてもらえるようになったら最高です。


日本初のプロリーグ・bjリーグ開幕戦

はじめまして! このコーナーを担当することになった、スポーツライターの吉川です。
と、いきなり吉川と言われても「誰?」とお思いになるでしょうが、普段からフープヒステリアのサイトをご覧になっている方はピンとくるかもしれません。そう、阿部理選手の本「オールドルーキー」の著者の一人です。そこのあなた、買っていただけました? それはさておき、このコーナーの趣旨を説明させていただきましょう。バスケを見ないと手がプルプル震えだすこの僕が、バスケットボールが転がっている所にはどこにでも押しかけて、その様子をレポートしつつ感じたこと考えたことを書き殴ってしまおう。かいつまんで言うとそんな感じです。
ちなみに、この「だむだむ探検隊」というタイトルは、ズバリ某お笑いコンビのネタのパクリです(爆)。ごめんなさい。
面白い文章を書けるかどうかはわかりませんが、興味深いネタを提供できるように頑張りたいと思います。お付き合いのほどよろしくお願い致します。

さて記念すべき第一回目は、なんといっても日本初のプロリーグ・bjリーグ開幕戦! これ以上のネタはないでしょう。素晴らしいタイミングです。
11月5、6の両日、有明コロシアムで行われた東京アパッチvs新潟アルビレックスに行ってきました。

5日は前日の予報では天候が心配されていましたが、いざ当日になってみると雨が降る気配もなく爽やか。最寄り駅の国際展示場から橋を渡ってコロシアムにたどりつくと、試合開始2時間前の時点でなかなかの賑わいぶり。入場口前の広場には、bjリーグのグッズを販売しているショップやフェイスペインティングをしてもらえるブースが並ぶほか、アパッチのホームだけにトーテムポールも立っていたりします。仮設のコートではバスケを楽しむ若者達(という言い方をすると少々おっさんくさいですが……)。いかにも「これから楽しいイベントがありますよ」という雰囲気ですね。
そんな様子を眺めつつ会場に入ってみると、客の入りも上々です。アパッチは宣伝不足を危惧する声も多かったのですが、紫色のアパッチユニフォームを着ている人も結構いました。羽根飾りのようなものを頭に着けている人もちらほら。アパッチの専属ダンスチーム「J-rome」のおねえさん達が広場で配っていたそうです。
試合後の発表によると来場者は3700人余り、そのうち有料入場者数は約3200人。一万人収容のアリーナとあって上のほうの席などはちょっとガラガラな感も否めませんが、コートに近い指定席はほとんど埋まっているし、よく集まったほうでしょう。やはり「新しい歴史の第一歩をこの目で確かめたい」という人が多かったのかな?
それから、目についたのがコートの真上にぶら下がる大きなスコアボード。NBAのアリーナにもある、リプレイを見ることができるアレです。bjリーグならではのスポーツコートも、よく映えています。この2つがあるだけで何だかNBAっぽい雰囲気が出ますね。

いろんな方とバスケの話などをしているうちに、セレモニーが始まりました。ダンスを取り入れた演劇のようなパフォーマンスの最後に、高い所にあるステージが照らし出されアパッチの選手が勢揃い! これが実にカッコいい演出でした。パフォーマンスに子供達を登場させたのも良いですね。こういうのが結構客のハートを掴むんです。
それから、アパッチの選手紹介では一人ずつ名前を呼ばれてコートに入るのですが、ほとんどの選手がそれぞれのBGMに合わせてダンスを披露したり軽快にステップを踏んだりしながら登場していました。このへんに、アパッチの方向性が何となく見えてきますね。

そして、河内敏光コミッショナーの「バスケをしましょう!」という開幕宣言が終わると、いよいよ試合開始。
アルビは様子をうかがうような立ち上がりで、そのせいか全体的に動きが良くありません。普段は大声で指示を出す廣瀬昌也ヘッドコーチもベンチに腰をおろしたまま。
一方のアパッチはコート上の5人が自由自在に動き回ります。あまりに奔放な動きにアルビが対応できず、前半は46-25という大差。
しかし、このまま黙ってはいないのがアルビ。オフェンスリバウンドとプレッシャーディフェンスであっという間に点差を詰め、4Q残り7分には逆転! その後は一進一退で延長戦にもつれ込みます。開幕戦から延長戦、それも怒涛の追い上げで21点差を追いついての延長とは、何とも出来すぎなドラマです。
延長戦も残り1分までは取られたら取り返すという展開でしたが、そこからアルビがオフェンスファウルなどでチャンスを潰し、最後は93-90でアパッチが勝利をものにしました。

接戦ということもあって、会場はかなりの盛り上がりでした。新潟からツアーバスだけでも40人以上駆けつけたアルビサポがゲームの盛り上げに大いに貢献したのは言うまでもないですが、アパッチを応援する人達も結構な人数が大声を出していました。ボードを掲げている人もいましたね。
今までは、ホームコートと呼べる雰囲気は新潟にしかありませんでした。しかし、この日声を枯らして応援した彼らが有明コロシアムに通いつめるようになれば、ホームコートと呼べるほどの熱狂的な応援が根づくかもしれません。その可能性を感じることができたのは、バスケファンとして嬉しいことです。

……と、まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、あまり長すぎてもいけないので、続きは次回ということで。なるべく早く更新したいと思います。
あらためて、今後ともよろしくお願い申し上げます!


楽しいバスケ話、温泉、きりたんぽ、美酒。 – なんトラ61

 10月の10日をはさんだ連休に秋田県の能代に行ってきました。
 例によって毎年先代の能代工業高の監督の加藤廣志先生の名前を頂いた、熟年パワーバスケット大会に参加するためなのです。熟年というからには歳をとっていなければならず参加資格は40歳以上ということになります。バスケに携わってからはかなり長いボクですが、プレイは本格的にはやっていないので出場という言葉は使えません。
 でも、心優しいチームメイトの方々はそんなボクを何も出来ないアシスタントコーチとしてベンチに座らせてくれています。わがチームは“TOP5”と言う名前で東京オールドパワー5の略で、加藤先生の教え子で東京在住のOBが中心になり大学や実業団チームで一緒だった仲間で構成しており、プレイヤーの最高齢は63歳、若いので45,6歳ですから大変なものです。平均51,2歳という所でしょうか。
 そんなバスケ馬鹿たちが20人ほど東京から電車、自動車、飛行機で能代に参集するのです。正式名称は加藤廣志杯熟年パワー・バスケットボール選手権・能代・山本大会と言うのですが、今回で10回目という記念大会でした。1999年の第4回大会から出場している東京チームは6年間で5回優勝しているという強豪ですので参加チームのすべてから目の敵にされています。
 年々体力は落ちて行っているのですがそこは経験というキャリアでカバーしてなんとか辻褄をあわせています。今年のニューカマーは昨年まで宮城のチームで出ていた元新日鉄の藤田直也さんと、宮崎(川村)金吾君。藤田さんは54歳のベテランの味を十分出してくれましたし、金吾君は現役さながらのスピードとシュート力を見せてくれました。彼の加入で、同級生の平田聡君が俄然生き生きと活躍してくれました。
 このチームの楽しさは30数年前に月刊バスケットで取材させてもらった選手たちのその後の人生を知る事が出来るところでしょうか。4年前、しばらくぶりに能代に行くという時、乗せてもらった車の運転をしてくれたのが平田君でした。彼は月刊バスケの創刊号の時に次世代のホープというコーナーに登場してくれていたのです。なにしろはじめての号ですから非常に印象が強かったのでおぼえていました(もちろん平田君のほうも)。当時、彼は中3、埼玉の日進中で全国中学生大会でチャンピオンになったときの選手でした。30数年のギャップはすぐに埋まったのはいうまでもありません。10時間はかかる能代までの道行きで色々話しました。後に、明大中野高校から明治大に行き実業団で出来る実力はありましたがスポーツメーカーに勤めたのです。
 その高校時代にライバルとして常に覇権を争っていたのが金吾くんです。いまやチームメイトとして素晴らしいコンビネーションでTOP5の新たなワンツーパンチになりました。
 その他、明治大が学生としてオールジャパンで天皇杯を獲ったときのセンターの小玉一人さん、ポイントガードの下田哲司さん、能代工高が初めて全国制覇した埼玉国体のガードの山本富美夫さん、芝浦工大から熊谷組で活躍した中村孝三さん、福大大壕から明大そして大和證券のゴール下を守り抜いた鶴田晴司さんなど、取材させていただいた人ばかりです。皆さん華々しい経歴をもちつつまだバスケから離れられない面々のお話を聞けるのですからたまりません。
 楽しい懐かしい話、そしてそこに温泉、きりたんぽ鍋、秋田の銘酒が加わるのですから何時果てるとも知れない話になるのは当然のことでした。
 そうでした。今年の戦績を書いていませんでした。
 1回戦は弥生クラブに前半は26―20でリードしたものの後半逆転されワンゴール差で敗れてしまいました。年齢の高いわがチームはメンバーをしょっちゅう代えながらやらないと、どうしても早さが落ちてしまいます。それだけにちょっとタイミングが狂うとやられてしまうことがあります。この試合はそんな面が出てしまいました。
 皆ガックリ来てしまいました。2位では決勝リ-グに出られないのです。ところがあろうことか絶対優位だと見られていた弥生クラブが残り3秒位のとき逆転シュートを食らって1点差で敗れてしまったのです。
 がぜん元気を取り戻したのはTOP5の面々。弥生クラブに勝った湯雄スペシャルクラブに前半38-19、後半30-21の68-40,28点差のブロウアウトしたのです。ものすごい集中力でした。
 こうなると勢いは止まりません。翌日の準決勝の能代カップスタッフ戦も71-37。決勝のオールスター戦も77-32と完全撃破、7年間で6回目の優勝を遂げたのでした。首の皮1枚で繋がっていた可能性を見事に生かしただけにメンバーの喜びはひとしおでした。
 年に一度の能代ツアー、今年も喜びのうちに終了しました。
 ”継続は力”を体現しているTOP5の挑戦はまだまだ続きそうです。
 来年は女子も東京からというような話もあるので、能代に行ってみたい方は私目にメールをくださいませ。女子は年齢制限はありませんので若くてもノープロブレムですので・・・。おじさんケイジャーも面白いなんぞという奇特な方、なんトラです。


なんでも利用してしまうのだ。 – なんトラ60

 この夏はいろいろありました。特にまいったのは6月の末に体調を崩し、病院通いをするはめになったことです。
久し振りに倅どもと食事をしようと外食をしたのですが、やめればいいのに食べ放題の”しゃぶしゃぶ”なんぞをトライしたのがいけませんでした。
 そのころの天候は暑かったり、寒かったりと不順で体調も落ちていたのでしょう、家に帰ってから“上を下への大騒ぎ”になって一晩中トイレに行ったり来たりを繰り返していました。明け方になってようやく少し寝ることができたのですが、脱水症状で腹筋がツルは両足がツルはで、のたうち回っていました。3時や4時では家人を起こすわけにも行かず、ひたすらガマンの子でした。
 こんな状態のときは点滴でも打ってもらえば一発で治ると分かっていたのですが、打ってもらえず大学病院で精密検査ということになってしまいました。そうしたら腎臓の数値が良くないということで入院も……というのも考えなければいけない状態にエスカレートして行ったのです。結局、入院は無かったもののすべての原因は血圧の高い事から来ていると宣告され、降圧剤を飲まなければいけなくなりました。
 以前から高めであり、降圧剤を服用するかしないかのボーダーラインでしたが、ついにという感じです。まあ、人間の身体は自動車のようにパーツを換えるという訳には行かないので、ごまかしごまかし使わなければいけないときはやって来るとは思っていました。なにしろ59年間交換していないのですからいたしかたありません。ぶっ壊れる寸前までやらないと分からない性格なのですから手に負えません。
 どちらかというと身体には自信があった方で、若いときはどんなに無理しても大丈夫だったのでどんどんやってしまったからですね。因果応報です。原因があって、それに応えて、結果が報われるのですね。先達の偉人は素晴らしい事をおっしゃっておりますな。
 結果として、食事療法も薬とともに併用するということで、塩分を極力抑えることになりました。6gというと小指の爪の大きさの半分くらいの量です。ほとんどしょっぱくありません、かすかにという感じです。
 家で食べないとこんなことは守れる訳はありませんから、ウチの奥さんにはひたすら迷惑をかけています。2週間ほど療法を続けたころ、印刷所に行かなくてはならずどうしても昼食が外食になったことがありました。その時、蕎麦屋でカレー蕎麦を食したのですがからいことからいこと。こんなんだったんだ、と再認識してぞっとしました。薄い味に慣れてしまったのですね。
 で、結果として体重が落ちました。72-73㎏あったのが9月6日の時点で65-66㎏になりました。6-7㎏は減量できたのです。血圧には一番効果があるのが体重を落とす事だといいますからいいのかな、何て考えています。ひっちゃきになってスポーツをやっていた現役の頃(20代前半)の体重が63㎏ですから、そこらあたりまでい行きたいと思っています。
 まあ、とりあえずの目標は65㎏にしておりますが、そのうち……??。
 見ていてください。
 何かあって転んでもタダではおきないボクは、こんな事にトライしてみています。
 でも、出張で東京を出るとだめですね。すぐリバウンドして2,3㎏は軽く戻ります。いやになります。ホント。早い早い。

 それでは皆さんも季節の変わり目には身体に気を付けて、ご自愛くださいませ。
 次回のなんトラまでSee Ya.