怒涛の8月シリーズ – なんトラ68

ようやく関東地方も梅雨があけました。
あと残るは東北地方だけのようですね。
やはりじめじめしているよりは、夏は夏らしく、カーッと晴れている方がボクとしては好きですね。なんてったって8月生まれの獅子座でO型なのではっきりしているのを以って良しとする性格ですから。ハイ。
 そして今年の誕生日にはついに3度目の成人式を迎える歳になるわけで、よう生きてきたなと吾ながら感じています。
でも、子供の頃から30代くらいまでに今のボクの歳の方をなんとはなしに観察してきましたが、ボクの今の精神状態より、もっともっと大人だったような気がしてなりません。まだまだ修行が足りんのでしょうな。全力でもっとトライせねばいけないのですね。
 
 そこで、この夏はスケジュールをフルに入れてしまいました。
などと言うとかっこいいのですが、フリーランスの身にとっては来る仕事はどんなものでも断らず、楽しんで行こうという主義を貫き通したら凄い事になってしまいました。もっとも雄彦御大から比べればどうってことない量なのですが、喜ばしいのはかなりの数のケイジャー(バスケのプレイヤー)に会える事です。
 8月1日から7日までは大阪インターハイの取材。
 途中の4日の夜はスカパーの世界選手権特別生番組が東京であるので帰京して座談会をして、翌朝一番で大阪に戻り、また取材を続行します。
 5日の夜には四国の香川の高松へ入って、
 6日の朝からファイブスター・バスケットボール・キャンプです。
 7日の午前中には大阪に戻り、インターハイの決勝を取材します。そして夜には東京に帰ります。
 13日は地元・狛江(東京)でのファイブスター・キャンプがあります。
 そうこうしているうちに世界選手権の本番が目の前に迫ってきます。幸せな事にアメリカチームを中心に解説を…ということなので、
 17日には札幌入りすることになっていて、19日から予選リーグの解説が始まります。
筑波大のヘッドコーチの吉田健司さんと交代で解説にあたりますが、吉田さんもチームを見ている関係もあってボクが1日に3ゲームする日もあるようです。
 23日に予選リーグが終わり、翌24日に帰京。
 25日からさいたまアリーナでの決勝トーナメントとなります。
 しかし、ここでまた27日に一宮(愛知)でファイブスター・キャンプです。26日の夜に一宮入りし、キャンプ終了後にとんぼ返りするのです。
 28日から9月3日の決勝までは埼玉に詰めっきりです。

 自分で書いていても疲れますが、読んでいるみなさんはもっと疲れるのではないかとおもいます。インターハイ、キャンプ、世界選手権で大雑把に会えるバスケ関係の人の数を数えてみると2700人位になるんでしょうか。皆と話すわけじゃあないけれど、凄い事になっちまいました。ホント。こんな仕事が本当のHOOPHYSTERIAっていうんでしょうな。

 このなんトラ68がアップされるころには“怒涛の8月シリーズ”に突入しております。もし、ヘロヘロになっている島本を見かけたら滋養強壮ドリンクなんぞを1本恵んでやってくださいませ。同じドリンクでもモット利くのがあるぞ、という方はそれをお願い致します。

 それでは…生きていたら次回の「なんトラ」までSee You!。