Author Archives: admin

YouTube始めました

(スタッフより)
「12月21日はバスケットボールの日!」に合わせ、
元月刊バスケットボール編集長 島本和彦が
バスケットボールのあれこれを語っていく番組を始めました。
しばらくは週1本ずつ公開していく予定です。
チャンネル登録よろしくお願いします。

島本和彦のBASKETBALL ENCYCLOPEDIA
第1回 ジェイムス・ネイスミス博士
https://youtu.be/g_cmIqqzdcE


能代工業高校、能代西高校の統合による新校名再考の嘆願

※令和2年6月1日をもって署名を締め切りました。提出の準備中です。

能代工業高校の名前が無くなってしまうかもしれません。
それに対して嘆願を行おうと考えました。
是非、末尾の署名簿を回して賛同者を集めてください。
オンラインフォームも用意しました。
集まったものはHOOPHYSTERIAにて回収して届けます。
ご協力をお願いします。

能代工業高校、能代西高校の統合による新校名再考の嘆願

秋田県議会議長 加藤 鉱一 様
  フープヒステリア 代表 島本 和彦

嘆願主旨及び理由

 能代工業高校はバスケットボール男子の強豪校として、全国大会計58度の優勝を誇ります。地域だけでなく、県全体が国内随一のバスケットどころとして全国に知られ、「能代工」の名はバスケット関係者以外にも広く認知されています。
 今回、統合に際して秋田県教育委員会様が公募され、2058件の応募の中から「能代科学技術高校」という名称が選ばれました。校名変更の議案が県議会6月定例会に諮られるとされていますが、「能代工」の名前を残す旨の希望も少なくなかったと聞いております。
 一方の統合対象校に偏っていない名前とするなどのコンセプトから選ばれた背景は理解しておりますが、工業科と農業科を有するということで、米国の大学名に「テキサス農工大(TexasA&T)」があるように「能代工農高校」など「能代工」の3文字を残していただけますよう嘆願します。

能代工業高校、能代西高校の統合による新校名再考の嘆願 (オンラインフォーム)


2020春の風景=能代街便り(能代の母)

我が家は能代工高のそばにあります。

今能代工高は合併に向けて大規模な工事が行われており、敷地内は工事車両が置かれていたり、いつもと全く違う様子です。

日中は響きわたる工事の音も、夕方5時あたりが薄暗くなるころには止んで静けさが戻ります。

しかしこの3月後半はこの夕闇の中で違う音が聞こえてきます。

ドリブルの音、何人ものバスケ部の子たちが工事の終わった校地内の空き地でせめてもの練習をする音です。日中はそれぞれ市内を走る姿も見られます。屋外に設置されたバスケゴールが何か所かあり、そこにもバスケ部の子の姿が見られます。

子供たちの友人は各地にいて、私立の子たちは練習しているという情報も知っています。

でも彼らに許されているのは、自主練だけ。市内すべての体育館が学生の使用を禁止していて使える施設もなく、彼らなりに考えた結果です。

子供たちが頑張っている姿を見かけた人たちは、子供たちはどんなに歯がゆいだろう、どんなに焦ってるだろうと案じてくださいます。

そして32年続いた能代カップが中止となりました。

主催団体の決定が出た次の日、地元新聞の一面トップで大きく報じられたこのニュースは大きな話題になりました。

バスケ好きの多くの人たちが選手たちの無念を思いやり、自分も毎年楽しみにしていたのに本当に残念だと嘆きます。

2020年の春の憂鬱は能代では能代カップの中止が上位に入っているようです。

楽しみがなくなったでは済まない、宿泊施設・飲食店等のダメージの大きさも計り知れません。参加チーム、その保護者等応援団、審判団だけでも300人を超える予約があり、能代のホテルは一杯、車で1時間ほどの隣町や秋田市に宿泊する方もいるのです。まさに頭を抱えていらっしゃるのではないかと思います。

もし5月に自由に旅行ができる状況になっているようでしたら、能代においでください。能代を足場に東北観光、十和田湖も田沢湖も男鹿半島も車なら日帰りの距離です。絶景の五能線沿いの観光もおすすめです。海と白神山地を見ながら海沿いの道を走るのは気持ちいいですよ。

また新装開業予定のバスケミュージアムに入り浸って映像を延々見るもよし、昔の試合の資料を読み漁るもよし、日が暮れたらチェーン店の無い柳町の飲み屋街に繰り出して、居酒屋巡りもできます。

早くそんな日が来ますようにと願ってやみません。(能代の母)


能代工業高校の新校名募集

全国大会V58の名門高校、能代工業高校が2021年に合併して新しい高校となります。
新しい高校になってももちろん、名門バスケ部は続くことでしょう。

能代工業高校は県立高校ですので、秋田県教育委員会への応募ができます。
バスケファンのあなたのご意見で、何かしら能代工業っぽさが残る校名となるように、
ご意見を送っていただけませんか?

能代地区専門系統合校(仮称)の校名募集について | 美の国あきたネット


コービー・ブライアント引退記念公式本『KOBE BRYANT ~ THE MAMBA MENTALITY ~ HOW I PLAY 』

2019年3月17日発売!


<イースト・プレス 新刊案内>
米国ベストセラー日本上陸!

KOBE BRYANT
THE MAMBA MENTALITY
HOW I PLAY

コービー・ブライアント[著]
アンドリュー・D・バーンスタイン[写真]
フィル・ジャクソン[序文]
島本和彦[監訳]

コービー・ブライアント引退記念公式本
マンバ・メンタリティー=「強い意志と猛烈な集中力」。
はじめて本人の言葉で語られる、最も知的で分析的で創造的なアスリートの頭の中身。

素早い動きで一噛必殺の殺傷力をもつ「ブラック・マンバ(毒ヘビ)」はコービーのニックネームでもある。そのコービーの考え方や生き方を「マンバ・メンタリティー」と呼ぶ。ツイッター上で「#MambaMentality」のハッシュタグを追うと、世界中のコービーファンやバスケファンが、コービーのプレイや考え方について議論をかわしているのを見ることができます。

田臥勇太さん絶賛!(栃木ブレックス/日本初のNBAプレイヤー)
「バスケ好きにはたまらない!アンダーラインを引きながら読むほど、のめり込んでいました。
『ひとつのことを突き詰める大切』さについて書かれているので、プレイヤーじゃなくても刺激を受けるし、人間としてポジティブになれる本です」

バスケットボールの楽しさを、今度は私が広げていく番だ。
「人々が“マンバ・メンタリティー”の中にインスピレーションを見出しているのを見ると、自分が一生懸命やってきたことや、流した汗、朝3時に起きたことなど、それらすべてが報われたように思える。だからこそ、私はこの本を作った。この本は全編に教訓が散りばめられているが、その教訓はバスケットボールに関するものだけではなく、この“マンバ・メンタリティー”についてのものも含まれている」
コービー・ブライアント

「警告!! ハイレベルなバスケットボールの冒険に引きずり込まれることを覚悟せよ! 本書は、バスケットボールを極めた人物の内面を覗くことができる窓である」
フィル・ジャクソン(1999-2011年、L.A.レイカーズ・ヘッドコーチ)

「コービーは、頂点に立つためには、他者と異なる取り組みが必要になることを理解していた。すばらしい本が出版されたので、ぜひ楽しんでいただきたい。まちがいなく君のなかに力が湧いてくるはずだ」
パウ・ガソール(2008-14年のチームメイト)

= 内容紹介(カバーソデの文章より) =
この作品は、バスケットボールの世界で歴代最高プレイヤーのひとり、コービー・ブライアントというレジェンドの内側に秘められた核心に迫る旅を提供してくれる。自らの言葉で、バスケットボールという競技に関する膨大な知識を、こと細かく語っている。師と仰ぐ人物や、いかにしてケガや痛みのなかでやり通し、敗北を拒み続けたか、ということが綴られている。
学びを止めないこと、自分やチームメイトを日々向上させるための意欲が伝わってくる。マイケル・ジョーダンからレブロン・ジェームズまで、プレイヤーとして対面した相手との戦いを1ページ1ページたどり、ひとつひとつのプレイごとに彼自身の分析を披露している。
全編に散りばめられた、アンドリュー・D・バーンスタインによる写真は秀逸だ。1996年にレイカーズ入りしたばかりのコービーを撮影した最初の1枚から、2016年の現役引退まで、何千もの瞬間を写真に収めてきた、NBA殿堂入りフォトグラファーによる鮮やかな作品に目を奪われる。
“マンバ・メンタリティー”は、史上最も知的で、分析的かつ創造性に富んだアスリートが体験した、内面の修練の過程を美しく描き出している。

●A4変形上製208ページ ●定価(本体3,200円+税) ●2019年3月17日発売

[著者プロフィール]

コービー・ブライアントは史上最も多くの成功と人気を博したアスリートのひとりだ。ロサンジェルス・レイカーズに入団したか細い少年は、後に5度のNBAチャンピオン、2度のオリンピック金メダル、18度のオールスター選出、4度のオールスター・ゲームMVPを含む数々の偉業を成し遂げた。 その栄光のキャリアの裏には血のにじむトレーニングと、考え得る限りの思考的努力の積み重ねがあったのだが、あまりに華麗なプレイの陰に隠れてファンは見落しがちだった。

アンドリュー・D・バーンスタインの写真は、世界中、幾多の新聞の一面や雑誌の表紙を飾っている。長年にわたり、ロサンジェルス・レイカーズのオフィシャルやNBAのシニアフォトグラファーの役も担ってきた。人とは異なったアングル、タイミングの写真は多くの人々を驚かせ、「あの写真もアンディーか? この写真も…?」というくらい迫力あるショットでNBAファンを喜ばせていた。あまり顔を知られていないNBA写真のFG%リーダーなのである。

島本和彦は監訳を担当した。1973年に創刊された「月刊バスケットボール」の創刊編集者で、後に長く編集長を務めている。NBAのテレビ放映のはじまった1987年より解説も担当し、分かりやすく親しみやすい口調でNBAやバスケットボールの普及に貢献してきた。コービーの所属していたレイカーズの先代オーナー、ジェリー・バス氏とも親交が深く、歴代のスターたちへの取材も数多くこなしている。MJなきあとを支えたコービーにはルーキーの時から取材し、その身体的・精神的変化を細緻に見つめてきた。

[お問い合わせ] 株式会社イースト・プレス
圓尾公佑(080-9463-6985)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-4-7 久月神田ビル7F
TEL:03-5213-4697 FAX:03-5213-4705 maruo@eastpress.co.jp