友、遠方より来る。 – なんトラ148

 NBA&アメリカン・バスケットボールの取材では相棒といって良いJorge Ribeiro(ジョージ・リベイロ)がひさしぶりにやってきました。井上さんのHPの英語版にボクと同じようなコラムを書いておりますのでご存知の方もいるかもしれません。また、月刊バスケットやHOOPでも20年以上も常任ライターを務めていますし、スラムダンク連載時には週刊少年ジャンプでIn-Your-Faceという1ページ物のNBA企画を3人でコンビを組んでやったこともありますな。

彼が日本にやってくる時は我が家である島本旅館(?)に泊まり、ボクがLAに行くとRBEIRO HOTELに泊まるといった暗黙の了解があります。
 12月11日に来日したのですが、2日間は千葉の古くからのスロベニア人の友人宅に泊まり旧交を温めて、その後の13日の来宅でした。
前もってメールで今回のスケジュールの打合せをしていましたが、たびたび「ゆっくり休みたい」というフレーズが出てきていましたので、なるべく意に沿うようにと考えました。かなりハードな日常を過ごしているようなので、ジョージからの要望にだけ応えるようにしました。疲れているんでしょうね。いつも「アメリカはToo aggressiveだから疲れる。日本のほうがボクには合っている」と言っておりました。
 彼の希望は日本の神戸での英会話学校の教え子と、またCal State University Los Angelsでの教え子たちに合うこと、そしてゆっくり仲間とバスケ談義をしたいということでした。もちろん、井上さんと久し振りに会いたいというのも入っていました。
 
 ジョージは1954年生まれ、186cm、体重は100んkgの世話好きな穏やかな人柄で、ウエストヴァージニア州の出身です。お父さんがペルーのナショナルチームでプレイしていた経験があるというバスケ好きの家柄と、地元のスター、NBAのロゴマンのモデルとしても有名なジェリー・ウエストのファンであることからダイハードなレイカーファンでもあります。
 1975年にヴァッサー・カレッジを卒業後、オハイオステイトの大学院に進みました。その時の指導教官が日本とのコネクションがあって、神戸YMCAで英語の教師を探しているというニュースを知らされたのです。それが日本との円の始まりだったようです。3年間務めた後、1979年改めてスタンフォードの大学院で東洋の宗教(主に日本)を学んだそうです。スタンフォードと言えばアメリカでもトップクラスの難関大学。なかなか入学することは難しかったのですが何とか合格。本人は「京都の清水寺で絵馬を買って願を懸けたから入れたよ」と笑っておりました。
 さらなる研究のため院が終わると奨学金を得て、1981年からICU(国際基督教大学)で勉強をしたと言います。そして後述するビジネス東京に繋がるのです。

 そしてボクと彼との付き合いは売り込みの電話からか始まりました。衛星放送の試験放送もスタートし、雑誌の中にも少しずつNBAの話題が増えてきはじめた時期です。
 「月刊バスケにNBAの原稿を書かせてもらえないだろうか? 現在ビジネス東京という外国人向けの日本のビジネス誌のライターをやっています」
 とのことでした。今のようにNBAを分かっている日本人ライターはおりませんでしたし、編集者であるボクとしては、生粋のアメリカ人のバスケ好き原稿が欲しかったので直ぐに会うことにしました。あってみた所、当時も同じような体躯・風貌で日本語は流暢。とりあえず書いてもらおうということでお付き合いが始まったのです。

 今まで、いろいろな場面でジョージとの話が出ては来ても一度もプロフィールを紹介していなかったので書かせていただきました。彼はなんとなく“達磨”さんを思わせる風貌だったので、ある時そんなことを言ったら「禅の研究から達磨を知り、その研究がライフワークになったんだよ」とも言っておりました。
 以来、ボクからジョージへのお土産は達磨グッズと梅干。彼の家の“達磨ルーム”にはどんどんコレクションが増えて行っています。そして冷蔵庫の中は梅干だらけで「もう直ぐ店を開けるよ」などといって喜んでいます。

次回のなんトラはジョージとの高崎の達磨リサーチ珍道中を書きたいと思います。
そして極端な天候に終始した2010年でしたが、来る2011年が皆様にとって良い年になりますようお祈りいたします。それでは、ごきげんよう。


コーチKの翻訳本が出る予定…。 – なんトラ147

 文章を書くことは難しいし大変なことだということをボクは理解している。だから、雑誌連載分くらいの長さ(2000字~2500字)が限界で、長文を書くのは苦手なのです。だから他人の本でも全部訳すなんて信じられない。
また、自分が先頭に立って旗を振り、なにかを実行に移すことも非常に苦手です。しかしこんな物が欲しい、こんな本を読んでみたいという欲だけは人一倍持ち合わせている自分がいるのです。ようするにわがまま、天邪鬼ということなのですね。だから編集者になってしまったのだとも言えます。
 なんと言っても性格的にフィロソフィー的にも“他力本願”というのが“座右の銘”みたいになってしまっているのだから始末に負えません。
唯一、ボクが動き出す場合を今までの例で見てみると、人に頼まれた時か、こうしたら人のためになるだろうなどという時しか思い当たりません。
 阿部理君の時もそうでした。残念ながら彼の思いは届かずNBAプレイヤーにはなれてはいませんが、少なくとも彼がそういう考えを持っているということは多くの皆さんに知らせることは出来たと思うのです。
 そしてまた同じような状況に陥いりました。真面目で有能な、バスケの大好きな若者から相談されたからなのです。

それは2年ほど前のことです。突然電話をもらいました。「相談したいことがあるのですが、お時間を作っていただけませんか?」というものです。
 彼の名前は佐良土茂樹君、非常に珍しい名前で“さろうどしげき”と読みます。彼とはHOOPHYSTERIAのメンバーでもある大分ヒートデビルズの元オーナーの矢野さんの大学時代の部の後輩という縁で最初のつながりが出来ていました。
その時の話は「NCAAの名門デューク大のコーチK(マイク・シャシェフスキー)のファンであり、彼の書いた本が自分の人生の指針になっている。そしてこの素晴らしい本をつたない訳だが翻訳してしまった」ということなのです。
 そして「出来れば出版して、日本のバスケットボールの指導者に読んでもらいたい。何らかのお役には立つと思う」と言うのです。その時に仮翻訳した原稿も手渡されたのです。もちろん一気に読みました。彼の言うことがよ~く理解できました。バスケに対する考え方はもちろんのこと、生き方つまりライフデザインに関してまで触れているフィロソフィカルな本なのです。
私も編集者としてここまで生きてきましたが、どこで発行されるどんな書籍も売れ筋ばかり考えていて、出しておかなければいけない書籍がなかなか出版されない現状があります。九州の何処かの知事さんではないけれど「なんとかしなければ…」と正直思ったのです。そして出版社の方とも相談し、何とかなりそうな情況が見えてきました。

そこでバスケットボールを愛する皆さんのお力をお借りしたいと考えました。私1人の力では如何ともし難い所もあり、最初に何とか決定の売れ部数を出版社に示すことが出来ればそれなりの説得力になりますし、佐良土君に対する応援にもなります。また、バスケット界に対してもひとつの行動を示すことが出来ると思ったのです。
バスケに理解を示していただける方に1口=5.000円の投資をしていただき、書籍出版の糧(かて)とさせてもらおうと考えたのです。何口でもお申し込みできます。分かりやすく言えばよく映画を作る時に資金を集める方法として“……映画制作実行委員会”というものを作って協力をいただく方法と同様です。
そしてご支援のお礼に、書籍巻末に“SPECIAL THANKS”のページを作ってもらい、そこにご協力者のお名前を入れさせて頂くことにしました。自分の名前でなくともプレゼントとしてお名前を入れるのもOKです。
そして刊行後に書籍2冊(支援金額によって増えます)をお送りすることになっています。書籍の予定価格が2000円~2500円で考えていますが、なるべく多くの方々に読んでいただきたい内容なので限りなく2000円に近い価格設定をとボクは要求しています。

発行予定日は2011年の1~2月。NCAAバスケが佳境に入る時です。今年は連覇がかかっているデューク大ブルーデビルズです。
2008年北京オリンピック金メダル、2010年NCAA選手権優勝、2010年トルコ世界選手権優勝コーチのマイク・シャシェフスキー氏のフィロソフィー(生き方)に是非触れてみていただきたくて“なんトラ”のスペースをお借りいたしました。

よし、若者のために出資してやろうとか、バスケのためにとか、娘、息子のためにとかお思いの方は、申し込み・お問い合わせメールアドレスの coach.k.hoop@gmail.com にアクセスしてみてくださいませ。前回の“12月21日はバスケットボールの日”ムーブメントと同じようなものですが、両方ともよろしく“乞う支援”でございます。

それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。