プロバスケットボール“bj”の2年間から、何が読み取れるか? – なんトラ81

 bjのセカンドシーズンが終わり、プレイオフの結果も出ていろいろな数字も出てきました。
 記念すべき最初のシーズンはすべてにわたって手さぐり状態だったのに比べ各チームともずいぶんと手馴れてきて、ゲームのスタイルにも特徴が出てきたように思います。
 ここでボクが書くのはチームが勝った、負けたということではなく、どの位リーグとして成長したのか、また外側から見ての熟成度はどうだったのだろうかと言う観点に立っています。ですから順位を正確に反映するものではないということを知っておいて頂きたいと思うのです。なぜなら、bjはスポーツとしてのバスケットボールがビジネスとして成り立つのかどうかという、壮大な実験リーグでもあるからです。大手広告代理店の上級職の方々、また同じアリーナでやるバレーボールやアイスホッケーの団体の方など、皆その結果に対して興味津々なのです。
 それはそうだと思います。バスケだけではなく他のスポーツも生き残りを賭けるにはプロへの道しかないと考えはほとんど一致しているからなのです。
 bjは最初から入場観客数を一桁の単位まではっきりと出していますから、読みやすいのです。その比較をすればひとつのビジネスモデルとして大きな参考になるのは間違いのないところだからですね。正直、ボクも初年度は数字を見ても、それがどのように読めるのか見当がつきませんでした。だからこの“なんトラ”でも数字には触れずイメージ的な言葉で、ファンが喜び、プレイヤーも必死になってやっている、それが反映されているのが見られるのが嬉しい事だ。と、いろいろな所で言い、そして書いてきました。
 しかし今シーズンは違います。はっきりとした数字が出ているので評価基準が出てきているからです。
 2005-06シーズンの6チームの観客動員数は249,337人。平均2,078人でした。
 2006-07シーズンは31,5861人。66,524人の増加です。1ゲーム平均554人増の2,632人となりました。2年目は富山グラウジーズと高松ファイブアローズが加わりましたので実際は399,788人の人々が全国のアリーナに足を運び、平均2,486人という数字が出ています。着実に伸びてはいるのです。
 しかし、まだまだチームが、リーグが健全なる経営状態になるには気の遠くなるような時間が必要です。無理して無理してようやくここまで来ている、というのが本当の所でしょう。どこかで、誰かがやらねばならないという使命感でここまで来たわけです。携わっている方々の努力とその使命感にはただ黙って頭を垂れる以外に方法はありません。
 ボクがお手伝いをしている大分ヒートデビルズが取ったデータに大変面白いものがありましたのでお伝えしたいと思います。全チームがデータを取ったわけではありませんので確信を持っていえるものではありませんが、かなりの考え方の整理と、方向性が見えてくると思うのです。
 観戦者の性別ですが2006年は334人の回答者のうち、男性が111人(33.2%)、女性が223人(66.8%)。2007年は479人のうち男性が164人(34.2%)、女性が315人(65.8%)となっています。
 過去のバスケット経験ですが2006年は333人のうち、経験ありが153人(45.9%)、経験なしが180人(54.1%)。2007年は442人のうち経験ありが146人(33.0%)、経験なしが296人(67.0%)です。そのなかで現在のバスケ活動、つまりやっているかやっていないかということですが、2006年は325人のうち、やっているが72人(22.2%)、やっていないが253人(77.9%)。2007年は435人のうち、やっているが48人(11.0%)、やっていないが397人(89.0%)となっています。
 このデータから考えられることは、バスケットボールは女性のお気に入りのゲームであるということになりそうです。そして、プレイの経験に関しては初年度こそおおよそ半々でしたが、2年目になると経験していないひとが約7分3分で多くなっています。現在の活動状況は90%近くが圧倒的にやっていない人が多いということが判明したわけです。
 bjは完全に新たな顧客層を開拓したといえるでしょう。会社、学校の動員に頼るJBLとは違った道を歩んでいることがはっきりしたのです。
 しかし、何度も繰り返すことになりますがまだ2年目、よちよち歩きのリーグ、これからも大変なことが山積みの状態です。観て、面白いということは保障できるようになりました。できればこの“なんトラ”を読んでおられる読者の方でゲームを観れる環境にある方はアリーナにいってみてください。その行動のみがバスケットボールが日本でも文化として定着する方法なのです。
 比較すること自体が非常に無理があるのは承知でNBAの観客動員数のデータをお伝えしましょう。
 2005-06年のデータです。30チームで1,230ゲーム。観客動員数は21,595,804人、平均17,588人。チーム数で1/4弱、試合数1/10、1/30のリーグ経験の差でこういうことになります。目標は高~い、高~い所にあるのです。
 こんなことも知っておいてください。

 それでは次回の“なんトラ”までSEE YOU!