友、遠方より来る。 – なんトラ148

 NBA&アメリカン・バスケットボールの取材では相棒といって良いJorge Ribeiro(ジョージ・リベイロ)がひさしぶりにやってきました。井上さんのHPの英語版にボクと同じようなコラムを書いておりますのでご存知の方もいるかもしれません。また、月刊バスケットやHOOPでも20年以上も常任ライターを務めていますし、スラムダンク連載時には週刊少年ジャンプでIn-Your-Faceという1ページ物のNBA企画を3人でコンビを組んでやったこともありますな。

彼が日本にやってくる時は我が家である島本旅館(?)に泊まり、ボクがLAに行くとRBEIRO HOTELに泊まるといった暗黙の了解があります。
 12月11日に来日したのですが、2日間は千葉の古くからのスロベニア人の友人宅に泊まり旧交を温めて、その後の13日の来宅でした。
前もってメールで今回のスケジュールの打合せをしていましたが、たびたび「ゆっくり休みたい」というフレーズが出てきていましたので、なるべく意に沿うようにと考えました。かなりハードな日常を過ごしているようなので、ジョージからの要望にだけ応えるようにしました。疲れているんでしょうね。いつも「アメリカはToo aggressiveだから疲れる。日本のほうがボクには合っている」と言っておりました。
 彼の希望は日本の神戸での英会話学校の教え子と、またCal State University Los Angelsでの教え子たちに合うこと、そしてゆっくり仲間とバスケ談義をしたいということでした。もちろん、井上さんと久し振りに会いたいというのも入っていました。
 
 ジョージは1954年生まれ、186cm、体重は100んkgの世話好きな穏やかな人柄で、ウエストヴァージニア州の出身です。お父さんがペルーのナショナルチームでプレイしていた経験があるというバスケ好きの家柄と、地元のスター、NBAのロゴマンのモデルとしても有名なジェリー・ウエストのファンであることからダイハードなレイカーファンでもあります。
 1975年にヴァッサー・カレッジを卒業後、オハイオステイトの大学院に進みました。その時の指導教官が日本とのコネクションがあって、神戸YMCAで英語の教師を探しているというニュースを知らされたのです。それが日本との円の始まりだったようです。3年間務めた後、1979年改めてスタンフォードの大学院で東洋の宗教(主に日本)を学んだそうです。スタンフォードと言えばアメリカでもトップクラスの難関大学。なかなか入学することは難しかったのですが何とか合格。本人は「京都の清水寺で絵馬を買って願を懸けたから入れたよ」と笑っておりました。
 さらなる研究のため院が終わると奨学金を得て、1981年からICU(国際基督教大学)で勉強をしたと言います。そして後述するビジネス東京に繋がるのです。

 そしてボクと彼との付き合いは売り込みの電話からか始まりました。衛星放送の試験放送もスタートし、雑誌の中にも少しずつNBAの話題が増えてきはじめた時期です。
 「月刊バスケにNBAの原稿を書かせてもらえないだろうか? 現在ビジネス東京という外国人向けの日本のビジネス誌のライターをやっています」
 とのことでした。今のようにNBAを分かっている日本人ライターはおりませんでしたし、編集者であるボクとしては、生粋のアメリカ人のバスケ好き原稿が欲しかったので直ぐに会うことにしました。あってみた所、当時も同じような体躯・風貌で日本語は流暢。とりあえず書いてもらおうということでお付き合いが始まったのです。

 今まで、いろいろな場面でジョージとの話が出ては来ても一度もプロフィールを紹介していなかったので書かせていただきました。彼はなんとなく“達磨”さんを思わせる風貌だったので、ある時そんなことを言ったら「禅の研究から達磨を知り、その研究がライフワークになったんだよ」とも言っておりました。
 以来、ボクからジョージへのお土産は達磨グッズと梅干。彼の家の“達磨ルーム”にはどんどんコレクションが増えて行っています。そして冷蔵庫の中は梅干だらけで「もう直ぐ店を開けるよ」などといって喜んでいます。

次回のなんトラはジョージとの高崎の達磨リサーチ珍道中を書きたいと思います。
そして極端な天候に終始した2010年でしたが、来る2011年が皆様にとって良い年になりますようお祈りいたします。それでは、ごきげんよう。


コーチKの翻訳本が出る予定…。 – なんトラ147

 文章を書くことは難しいし大変なことだということをボクは理解している。だから、雑誌連載分くらいの長さ(2000字~2500字)が限界で、長文を書くのは苦手なのです。だから他人の本でも全部訳すなんて信じられない。
また、自分が先頭に立って旗を振り、なにかを実行に移すことも非常に苦手です。しかしこんな物が欲しい、こんな本を読んでみたいという欲だけは人一倍持ち合わせている自分がいるのです。ようするにわがまま、天邪鬼ということなのですね。だから編集者になってしまったのだとも言えます。
 なんと言っても性格的にフィロソフィー的にも“他力本願”というのが“座右の銘”みたいになってしまっているのだから始末に負えません。
唯一、ボクが動き出す場合を今までの例で見てみると、人に頼まれた時か、こうしたら人のためになるだろうなどという時しか思い当たりません。
 阿部理君の時もそうでした。残念ながら彼の思いは届かずNBAプレイヤーにはなれてはいませんが、少なくとも彼がそういう考えを持っているということは多くの皆さんに知らせることは出来たと思うのです。
 そしてまた同じような状況に陥いりました。真面目で有能な、バスケの大好きな若者から相談されたからなのです。

それは2年ほど前のことです。突然電話をもらいました。「相談したいことがあるのですが、お時間を作っていただけませんか?」というものです。
 彼の名前は佐良土茂樹君、非常に珍しい名前で“さろうどしげき”と読みます。彼とはHOOPHYSTERIAのメンバーでもある大分ヒートデビルズの元オーナーの矢野さんの大学時代の部の後輩という縁で最初のつながりが出来ていました。
その時の話は「NCAAの名門デューク大のコーチK(マイク・シャシェフスキー)のファンであり、彼の書いた本が自分の人生の指針になっている。そしてこの素晴らしい本をつたない訳だが翻訳してしまった」ということなのです。
 そして「出来れば出版して、日本のバスケットボールの指導者に読んでもらいたい。何らかのお役には立つと思う」と言うのです。その時に仮翻訳した原稿も手渡されたのです。もちろん一気に読みました。彼の言うことがよ~く理解できました。バスケに対する考え方はもちろんのこと、生き方つまりライフデザインに関してまで触れているフィロソフィカルな本なのです。
私も編集者としてここまで生きてきましたが、どこで発行されるどんな書籍も売れ筋ばかり考えていて、出しておかなければいけない書籍がなかなか出版されない現状があります。九州の何処かの知事さんではないけれど「なんとかしなければ…」と正直思ったのです。そして出版社の方とも相談し、何とかなりそうな情況が見えてきました。

そこでバスケットボールを愛する皆さんのお力をお借りしたいと考えました。私1人の力では如何ともし難い所もあり、最初に何とか決定の売れ部数を出版社に示すことが出来ればそれなりの説得力になりますし、佐良土君に対する応援にもなります。また、バスケット界に対してもひとつの行動を示すことが出来ると思ったのです。
バスケに理解を示していただける方に1口=5.000円の投資をしていただき、書籍出版の糧(かて)とさせてもらおうと考えたのです。何口でもお申し込みできます。分かりやすく言えばよく映画を作る時に資金を集める方法として“……映画制作実行委員会”というものを作って協力をいただく方法と同様です。
そしてご支援のお礼に、書籍巻末に“SPECIAL THANKS”のページを作ってもらい、そこにご協力者のお名前を入れさせて頂くことにしました。自分の名前でなくともプレゼントとしてお名前を入れるのもOKです。
そして刊行後に書籍2冊(支援金額によって増えます)をお送りすることになっています。書籍の予定価格が2000円~2500円で考えていますが、なるべく多くの方々に読んでいただきたい内容なので限りなく2000円に近い価格設定をとボクは要求しています。

発行予定日は2011年の1~2月。NCAAバスケが佳境に入る時です。今年は連覇がかかっているデューク大ブルーデビルズです。
2008年北京オリンピック金メダル、2010年NCAA選手権優勝、2010年トルコ世界選手権優勝コーチのマイク・シャシェフスキー氏のフィロソフィー(生き方)に是非触れてみていただきたくて“なんトラ”のスペースをお借りいたしました。

よし、若者のために出資してやろうとか、バスケのためにとか、娘、息子のためにとかお思いの方は、申し込み・お問い合わせメールアドレスの coach.k.hoop@gmail.com にアクセスしてみてくださいませ。前回の“12月21日はバスケットボールの日”ムーブメントと同じようなものですが、両方ともよろしく“乞う支援”でございます。

それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。


なんトラ146バスケを応援する手段が1つ増えました。 – なんトラ146

 バスケットボールの最初のゲームが行われた日を誕生日とするならば、来月の21日で119回目の誕生日がやってきます。今回の“なんトラ”はそんなバスケの誕生日に関連した新しいホームページのお知らせです。
 12月21日はバスケットボールの日です!
1891年12月21日はわれらが愛する“バスケットボール”のファースト・ゲームの行われた日なのです。
 場所はアメリカのニューイングランドはマサチューセッツのスプリングフィールド。国際YMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド・カレッジ)でした。
 創案者(考案者といった方が良いかもしれませんが)はジェイムス・ネイスミス博士。当時はそのトレーニングスクールの指導者でした。
上司より“冬季に、室内で、誰でもが楽しめるボールゲーム”というコンセプトでニュースポーツを考えてみてくれという提案があり、それを実現化したものなのです。
世界的な視点で見れば多くやられているスポーツとしては陸上競技、水泳などいろいろあります。ですが、圧倒的に好まれているのはサッカー、ゴルフ、テニス、ベースボール、アメリカンフットボール、バスケットボールなど、球技が多いのであります。人間というものはボールという象徴的なものに憧れる傾向はあるようです。
 しかし、これだけある球技でもそのオリジンと言いますか、発祥はまったくはっきりしていないのが現実なのです。
世界で一番最初の試合の様子
唯一、我がバスケットボールのみが発祥の日が判明しているのです。
これは他のスポーツにはない特徴であり、大いに誇って良いことなのです。
ところがこれまでそういうことが分かっているにもかかわらず、バスケットボール畑の先達の方々は誰一人として“12月21日はバスケットボールの日”とい うような、そんなアイディアを出す方はおられなかったのです。それは世界的に見ても言えることでした。バスケットボール発祥の国アメリカでもそうなのです。
そこでまだ世界ランクでもまったく下位に位置し、オリンピックにも出られないし、同じアジアの中国にも相手にされない日本ではありますが、大きな声で叫んでしまいたいのです。
“12月21日はバスケットボールの日”だと!
というようなトップページの原稿で始まる会を若者たちと立ち上げてしまいました。名称は“12月21日はバスケットボールの日!委員会”と言います。
あらゆる場所で、あらゆる時にチャンスだと見ればあらゆる方々に言葉で訴え初めて30数年になります。しかし、反応は今ひとつ。僕としては誰かに伝えて、それを感じてくれればいつか、誰かが、どこかで意気に感じてやってくれるものと期待していました。
そうしたならば、ボクは大喜びでそのムーブメントに乗せてもらおう、そんな風に考えていました。でも、何年たってもそんな動きは起こりません。気配さえもないのです。で、人に頼るというそんな形はとりえないのだな分かりましたので、やれる人材が揃ったならば皆で遊び感覚が十分に入った会を創ってしまおうと決心したのです。
そんな風に考えてみると人って集まってくるものなのですね。IT関連の仕事をやっている、出版社に勤めている、大学院で勉強中などという若者が少しずつ集まり始めました。面白い話はどんどん膨らみ、ついに11月21日にホームページの開設にこぎつけました。ボクは不可能を可能にするというような大それたことは考えていません。現実に可能な最善をあらゆる手段を持って求めたら、こうなったのです。
バスケを好きな人は凄く多いのに、バスケの誕生日も知らないと言う人が多いという現実を変えようとする第1歩を踏み出した訳ですね。誰でも登録できます。誰でも意見を言えます。ともあれ世の中の、他のスポーツの愛好者にも12月21日はバスケットボールの日だ! ということを知らしめることだけを目標に楽しみたいと思っています。頑張ると疲れるし、少しずつ、少しずつということですね。
ぜひ、バスケが大好きで、面白そうだとお思いになったらbb1221.comをクリックしてください。今すぐに…。そして登録してください。お願いいたします。
それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。


なんトラ145

 bj滋賀レイクスターズの2010―11シーズン、第1週の開幕2試合目の解説で滋賀県野洲総合体育館に行ってきました。今シーズンのファーストゲーム解説です。
 いまだに自分の人生の中で、まさかバスケットボールのTV解説をするなんて夢にも思っていなかったボクが、その後20年程のTV解説の仕事で経験してみて最も理想的な解説形態がここレイクス・ゲームにはあるのです。
それは地域のバスケをあまり知らない人たちのために、難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことをゆかいに楽しく伝えることができるという第一の使命としての原点がそこにあるからなのです。これは何にも変え難い喜びです。
 今までの日本のバスケ(日本リーグや協会主催のオールジャパンまたは国際試合)に観戦をしに来る人々はほぼ80%から90%までがプレイしていた経験者です。ところがbjはそのまるっきり逆バージョンで初めて見に来てはまった人ばかり。つまりようやくファンにも目を向けるリーグが出来たということです。
NBAの放映がスタートした時と同じです。NBAの存在を知らないか、知ってはいても観たことは当然なく、報道で知ったというだけの方々がTVを観はじめたときと同様なのでした。20年以上たったいまや、NBAを放映する各局は視聴者が成長してきたので技術的なものの解説を追い求める放送になっています。
バスケをやってきたファンは技術的なものは見るだけで分かります。しかし番組を見ている人々は圧倒的にバスケットを知らない人たちなのですから、細かい裏側の人となりや育ちっぷりのようなエピソードで引き付けなければいけないとボクは思うのです。番組を作る側は視聴者が成長してしまうと原点を忘れてしまうのですね。

 滋賀県では初のプロチームがレイクスターズですが、チームと地元企業、地元メディアの関係が素晴らしくフィットしているように思います。3者が寄ってたかってバスケットボールというものを使って、ファンの方々に楽しんでもらおうとしているということが凄く分かるのです。
 3年前にbjに加盟しチームがスタートした時のレイクスは、オーナーの坂井信介氏もバスケットボールについては素人、チーム運営についてはレラカムイ北海道でインターンをし経験を積んだという方、また応援をしようとしていた地元企業の経営者の方々もバスケを見るのも初めてという状況、そして地元のTV放映に携わっているBBC(びわ湖放送)も初めてバスケットの放送をするというお初尽くしだったのです。
 だから良かったのでしょう。皆、自分たちの立場ですべてに真剣に考え、試行錯誤をくりかえして形を作っていったようです。知らず知らすのうちに原点に立ち返ることを毎回やって行ったのでしょうね。
 Bjはチームだけは16チームと増えてますが経営的にはまだまだ黒字になっているチームは少ないと思いますし、非常に苦労しているのではないかと思われるのです。だって、NBAでさえ1946年に生まれてリーグが安定しだしたのが1980年代の中盤からなのです。40年くらいはかかっているのですよね。
 変なたとえですがボクは1946年生まれの同い年ですから、自分の考え方が安定したころのことを考えると40歳くらいだったということを思い出します。だから納得します。

 地道にコツコツチーム作りをしている滋賀レイクスターズは要チェックだと思いますので注目していてください。そして地域の方々は末永い支援をしてやってくださいませな。よろしくお願いいたします。

それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。


何故だかマグカップが……。 – なんトラ144

 この“なんトラ”を読んでくださっている皆さんも、コーヒーや紅茶を飲むために必ず2つや3つお持ちだと思いますが、ボクの場合何故だか知らぬうちに集まってしまったのがマグカップです。

 きっかけは1984年のロサンジェルス・オリンピックでした。あのマイケル・ジョーダンがノースカロライナ大の時に出場した大会ですが、当時、広告代理店・電通のスポーツ担当の方からいただいたのです。電通はオリンピック自体のスポンサー獲得のための営業もしていましたが、マスコットのイーグルサムのロゴマークも同時にセールスしていたのです。そのときにいろいろな商品見本として作った中のひとつがそのマグカップでした。
 カップ自体が日本製ですから小振りのものでとても可愛かったので気に入って随分長い間会社で使っておりました。

 その後、カメラマンが1986年のダラスでのNBAオールスターゲームに行った時の記念にとおみやげにくれたり、NBAの本部を取材したときに記念にいただいたりといった感じでオールスター系がどんどん集まってきました。アメリカの物は「デカイ!」とびっくりしました。
しかし、自分が仕事で行った時のものは何故だか1992年のマジックがエイズでのリタイア後に出場したオーランド・オールスター以外はないのです。忙しくて買いに行く暇もなかったのでしょう。また、後で時間があるときに…などと思っていたことも原因するかもしれません。2004年のロサンジェルス・オールスターの時などハッと気がついた時には、もう売り切れていました。思わず地団駄を踏んだものです。
 少しずつでも、ひとつ、ひとつと増えていくとなんとなく気になって来るし、楽しんでいる自分を発見したりもしてアメリカ旅行中に買ってしまったり、最近ではHOOPの編集部員に頼んで買ってきてもらったりするようになってしまいました。

 極めつけは昨シーズン栃木ブレックスが少数限定で作った益子焼のマグカップです。プレスリリースの中に作成中というようなお知らせがあって「へ~」と思ったのが頭に残ったのでしょう。
1、2か月たってハッと思い立ちHOOPHYSTERIAのメンバーでもあるブレックスのチーム関係者のF君に「もし残っていたら買いたいのだけれど調べてもらえます?」と電話しました。そうしましたらすぐに電話があり「残り少ないけれどあったのでとっておきます。後ほどお会いした時にお渡しします」といいつつ会う機会がなかなかなくて、先日の日立との開幕戦でお会いして手渡されました。
箱を開けてみてびっくり、深いブルーに釉薬でしょうか白いすじ状の細かい線がシブく想像以上の仕上がりです。ゴールドのブレックスのマークにピッタリとフィットしているデザインでした。思わず笑みがこぼれてしまいました。
ゲームはブレックスの勝利で開幕を飾りましたが、帰りに知り合いのミニバスの指導者の方と軽く喉を潤しにいった時に、さっそくつかってしまいましたっけ…。
いまや、毎朝のコーヒーカップになって、ボクの生活の一端を飾ってくれています。
こんな機会ですからボクのマグカップ・コレクションをご披露いたしましょう。

それでは次回の“なんトラ”までごきげんよう。